Oct 11, 2019

旭化成本社は神保町――祝 ノーベル化学賞

 9日夜からずっとニュースに登場している旭化成本社は,神保町三井ビルにある。私の職場はかつてそこから60メートルほどの所にあり,しかも友人が同社の重要ポストにいたので,旭化成はご近所として親しみを感じる存在だった。
 神保町三井ビルは,神保町1丁目奇数番地のすずらん通り南側地域を「再開発」して建てられた3つのビルのうちのメインのビルである。このあたりはかつて小規模の書籍取次の店が建ち並んでいて,「神田村」と呼ばれていた。取り壊しが始まったのはちょうど20年前のことになる。
 三井ビルが建って再開発が完了したのは2003年3月で,同年12月,その1~9階に,会計検査院が「入居」した。霞ヶ関の中央合同庁舎7号館建設のあいだということで,結局4年間の仮住まいだった。その場所プラス14階のフロアに,2008年5月に日比谷から引っ越してきたのが,旭化成本社だった。
  神保町1丁目再開発の経緯については,以下を参照:
   本拠地 →神保町の昼食の章 →神保町昼食ニュース 目次

 台風15号による被害で不通になっていたJR久留里線の久留里~上総亀山間は,10月11日午後から運転を再開した。
 しかし,もっと強力な台風19号が近づいている。

| | Comments (0)

Oct 08, 2019

停電でオペラに遅刻

 10月の某平日昼過ぎ,突然ブレーカーが働いて家中停電になった。近所では特に騒いでいる様子もなく,うちだけらしい。今の家に住んで9年半になるが,初めての事態である。
 配電盤を見ると,メインのブレーカーが「切」になっていて,戻そうとしても戻らない。あわてて検針票を見て電力会社に電話すると,「はい,5時までにはおうかがいします」と明るい声で出のんびりした返答だった。当日,2時から二期会の『蝶々夫人』を見ることにしていたが間に合いそうもないので,カミさんだけ先に行かせた。
 コンロも電気(IHヒーター)だから使えない。冷蔵庫も止まっている。しかし,とりあえずいちばん困るのはトイレだった。それでも,昼間だから物が見える程度の明るさはあったし,真夏の陽気ではなかったからエアコンが止まってもまあなんとかなった。
 電力会社の人がやってきたのは電話をしてから1時間20分後。メーターボックスを見て配電に異常がないことを確認してから,配電盤の細かく区分されたブレーカーをひとつひとつチェックして,判明した原因は,エアコンのひとつの漏電だった。そのブレーカーだけオフにするとメインのブレーカーのスイッチを入れることができるようになり,電気が回復した。
 エアコンは,室内機と室外機がひとつの電源で動いているという。問題のエアコンはもっとも使用頻度が低いエアコンで,使わなくても特に支障はないが,そんなものがどうして漏電するのだろう。
 オペラは,第2幕に間に合った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 映画館でのライブ・ビューイングというと,メトロポリタン・オペラと宝塚歌劇千秋楽などが有名だが,このほど「ぴあ」から来た案内によると,なんと全日本吹奏楽コンクール中学校の部のライブビューイングが10月19日に全国27か所であるという。

| | Comments (0)

Sep 30, 2019

9月の9日間

◇9月16日(月・祝)
 所属するオーケストラの定期演奏会本番。ベートーヴェン:交響曲第1番,ドヴォルザーク:交響曲第7番ほか。ベートーヴェンの交響曲の第1オーボエを吹くのは30数年ぶり。
 交響曲第1番は若さあふれる気持ちのいい曲だが,最初の交響曲からフルの2管編成を駆使し,「やっぱりベートーヴェン」と思わせる挑戦がある。
 居酒屋Fでの知り合いが2人来場してくれた。

◇9月17日(火)
 早めの時間に「千住の永見」へ。静かな時間。

◇9月18日(水)
 いつもの(1000円床屋改め)1200円床屋へ。ただし,平日シニア料金で1100円。

◇9月20日(金)
 午後,チェーンの某洋服店でレンタルのモーニングを借りる。
 夜は,ラグビー・ワールドカップ開幕戦をテレビで途中から。

◇9月21日(土)
 一日,「2019オーボエ・フェスティバル in Kawaguchi」(川口リリア 音楽ホール他)。一応主催者側なので手伝いもしたが,演奏(中高生~音大生~プロのアンサンブル,ソロなど)をかなり聞くことができた。演奏水準はきわめて高く,みなほんとうに簡単そうに吹いている。
 最後の100名以上による大合奏に参加。
 帰り,居酒屋Fへ。16日の演奏会に来てくれた2人がたまたま来店していて,ビールをこちらがおごるべきところ,逆にご馳走になる。

◇9月23日(月・祝)
 次女の結婚式・披露宴。
 3日前までは「時々雨」の予報だったが,前日には「のち晴れ」となり,実際には「曇りときどき晴れ,やや強風,31度,湿度高」。
 年寄りの送迎があるので,車で行く。帰りは予想以上の大荷物だったので,車が正解だった。披露宴での乾杯はジンジャーエールで。昔と違って飲み物の選択肢にノンアルコールビールもちゃんとあった。
 新郎も加わったバンド演奏に合わせて新婦のダンスの仲間が踊るなど,楽しくなごやかな披露宴。新婦にだけ秘密で撮影されたお祝いメッセージ動画の上映もあった。新婦の同級生である撮影者が新郎を案内して新婦の母校(女子中高・女子大)を訪ねるところから始まり,友人・仕事の仲間・家族が「出演」した凝った動画で,一人知らなかった新婦は涙。
 帰宅して,やれやれとまず缶ビール。しかしこれだけでは終われないのでいつもの居酒屋Fへ。内祝いを配布。

◇9月24日(火)
 レンタルのモーニングを返却。これで「関連行事」は終了。

| | Comments (0)

Sep 27, 2019

短信 9月20日――ラグビー・ワールドカップ/千葉の鉄道

ラグビー・ワールドカップ開幕
 9月20日午後,新宿駅を通ったら,ラグビーの日本代表のユニフォームを着て京王線の駅の方に向かう人と,少なくとも10人ぐらいすれ違った。開幕戦開始の6時間ぐらい前のことである。
 あとで記録を見たら,9月20日は,4年前の前回のワールドカップで南アフリカに大番狂わせ勝利した記念日なのだった。

 開幕の日本―ロシア戦は,前半の終わりの方からテレビで見た。ラグビーの基本的なルールは知っているつもりだったが,わかっていなかったことがいろいろあった。なにしろ,テレビの中継でさえちゃんと見た試合はいくつもないのだから,それも当然のこと。直前に買った参考文献(『ラグビーダイジェスト』増刊号「選手名鑑&ガイド」)を随時参照した。

久留里線・小湊鐵道開通
 先日千葉の台風被害のことを書いた翌日の9月20日夜,台風の後不通だったJR久留里線は,木更津~久留里間で運行を再開した。その先の久留里~上総亀山間については,設備損壊や倒木などの影響が大きく,復旧にはなお日数を要するとのことで,当面マイクロバスや乗合タクシーによる代行輸送となる。
 同じく不通だった小湊鐵道は,その翌日の9月21日,代行バスを走らせていた上総山田~里見などが復旧し,全線で運転を再開した。

| | Comments (4)

Sep 26, 2019

昼食の終わりと始まり――神保町だより9月

 神保町の昼食の店のいろいろな動きのうち,2件ご報告:
 マクドナルドの左の路地を突き抜けた右側の「魚百」で,ランチ営業を9月27日限りで終了するという貼り紙が出た。やはり人手不足なのだろうか。翌週からは,「ディナー営業」を15時50分からするという。
 ここの昼食では「海鮮丼」を何度も食べた。だいたい食べ終えてからご飯を足して出しをかけてお茶漬けにするところまで含めて 980円と,かなりのお徳用。毎月29日には「肉の日に対抗して」この海鮮丼が 500円で提供されていた。

 同じくマクドナルド左側の路地を入ってすぐの左側地下,メキシコ料理店の「ソルアミーゴ」(昔はエル・アルボリートという名だった)で,昼のみ営業のカレー店「まんぷくカリー24」が8月13日に開店した。通るたびに絶賛客引き中。
 ランチは1000円で,カレーは豚肉角煮,キーマ,およびそのハーフ&ハーフから,ご飯の量は大・中・小から選び,付け合わせ(コロッケ,焼きビーフン,もやしの和え物),サラダ,ドリンクは取り放題。ほかにデザートが付く。
 いくつかのウェブサイトによると,この店の店主は「間借り界のレジェンド」だそうだ。しかし神保町には,20年前にすでに昼だけの間借りカレー店があった。それはランチョンの左の道を北へ進んだ右側,居酒屋「櫓」で10年近く昼に営業していた「YAGURA」(1999/3/1開店,2008/8/4閉店)である。インド人(たぶん)がやっているけっこう本格的なインドカレーだった。
  参照:本拠地 →神保町の昼食の章
      →神保町 昼食さまざま
      →目次のずっと下の方「昼だけのカレー屋」
Adsc_0904 Adsc_0906

| | Comments (0)

Sep 19, 2019

なお続く千葉の停電

 ブログ更新の間隔が空いてしまっている間に,関東地方南部で大規模な停電が発生した。9日未明に台風15号が南からやってきて,三浦半島をかすめて千葉県に上陸,記録的な強さの強風で鉄塔・電柱が倒れるなどして停電が発生し,10日たった今も千葉県では3万軒以上で停電が続いている。
 昨年9月の北海道胆振東部地震では,発電所が停止して一時北海道全体が停電になったが,まる2日ほどでだいたい復旧した。このときは送電設備はほぼ無事だったので,発電所が復旧すれば送電できたが,今回は,送電鉄塔だけでなく電柱が多数倒れ,倒木による架線切れも多く,車が入れなくて被害の状況もつかめないとのこと。
 先週会った友人は,停電地域で一人暮らしをしていた義母をなんとか「救出」したと言っていた。彼が現地の関係者に聞いた話によれば,長距離の送電線は「一本道」なので被害を把握しやすいし,送電幹線にはバイパスも用意されているが,末端の電柱はひとつひとつ調べて手作業で立て直すしかなく,非常に時間と手間がかかるのだという。
 電気がないと,携帯電話の基地局の非常電源がなくなれば電話が通じなくなるし,水道もポンプが動かなくて送水・給水できないことが多い。東日本大震災のとき,東京では電気はほとんど停まらなかったので大きなパニックにはならなかったが,大規模な停電が起きていたらと思うとあらためて恐ろしくなった。

 鉄道各社は,台風が来た9日朝は始発から計画運休を行った。しかし,多くの社では運転開始が予告通りにできず,だいぶ混乱した。
 不通になった路線もあったが,JRの内房線,外房線は13日までに復旧した。しかし,久留里線(木更津―上総亀山)は19日現在全線止まっていて,復旧の見通しは立っていない。小湊鐵道は五井から途中の里見までは18日に復旧したが,その先,終点の上総中野まではバス代行となっている。

| | Comments (0)

Sep 09, 2019

京急快特の事故

 9月5日(木)の午後,家族から LINE で「お父さん,京急には乗っていませんよね」という連絡が入った。よくふらふらと用事もないのに電車に乗りに行く私を心配してのことだったが,そのとき私はまだ京急の事故のニュースを知らなくて,何のことだろうと思った。長年京急を見つめてきた者としてはまことにつらい事故のことを知ったのは夕方になってから。
 同日昼前,京急の下り快特が,神奈川新町駅のすぐ先の踏切で立ち往生していたトラックに衝突し,電車は前3両が脱線,トラックの運転士が死亡,電車の乗客・運転士など30人以上がけがをした。京急本線は上大岡・京急川崎間が不通となり,上大岡から横浜までは先に開通したが,横浜・京急川崎間は結局約50時間にわたって不通になった。
 念のために注記するが,快特というのは元は快速特急の略で,京急のいちばん速い列車種別である。停車駅は,品川を出ると京急蒲田,京急川崎,横浜で,この区間は高架の直線部分が多く,東海道線に対抗して最高時速120kmでひた走る。事故があった神奈川新町駅は横浜の3駅手前で,検車区がある運転上の拠点駅だが,快特は通過する。

 京急が長く不通になったのは,2012年9月,追浜・京急田浦間のトンネル入り口で崖崩れがあって特急が土砂に乗り上げた事故以来のこと。このときも先頭の3両が脱線し,金沢八景・逸見間の開通に55時間を要した。このときネット上で「がんばれ京急」という復旧応援のメッセージが飛び交ったことは,鉄道ファンの間で語りぐさになっている。
 今回も,駅に掲示された不通のお知らせに「水を飲んで熱中症予防をして,がんばれ」という付箋が貼られ,その写真が Twitter で出回った。

 京急の車両につき,他社にはあまり例がない特徴として「京急は先頭車を重い電動車(モーターのある車両)にしている」ということがときどき話題になる。これにより,衝突などの際に転覆したり跳ね飛ばされたりする危険が少なくなっているという。
 事故の翌日,ニュース番組に出演した川島令三氏(鉄道アナリスト)もこのことを説明していたが,はたして一般の人に伝わったかどうか。
 なお,京急ファンとその「京急愛」については,それを扱った「専門書」がちゃんとある:佐藤良介著 交通新聞社新書『なぜ京急は愛されるのか――“らしさ”が光る運行,車輌,サービス』(交通新聞社)[電子版もあり]

| | Comments (0)

Sep 05, 2019

冗語コレクション Part 4

◇だれだって気づくはずなんですが
 自らの私財をなげうって
 とんでもない暴挙
 無言で答えず
 サントリーホールが休館中の間
 この間(かん)のあいだに
 …の渦中のさなかに
 こまかい微調整
 後続の電車が続いております 《駅のアナウンス》
 新駅が新設される
 日本に来日

◇お互いいっしょに
 互いに競合する
 どっちも両立
 いっしょに共演した
 両方を共存させるには

◇けっこう見かけます
 毎年の恒例
 最後のシメ
 昔と変わらぬままの
 まず大坂選手が先に試合をします
 ひそかに潜入
 こっそり隠し撮り
 意外な伏兵
 あらゆる場面で利用できるとても汎用的なテクニック
 それだけに尽きる
 87%完了済み
 すでに記入済み

◇カタカナ語編
 禁じられた愛のタブー(エリザベート)
 だんだんクレッシェンド
 スペシャル大特価
 長期のロングラン
 決まったルーティーン
 タンカー船 《英語tankerは車・航空機も含むが》
 100パーセント完璧
 めったにないレアな企画

【過去の冗語コレクション】
 Part 1 →参照
 Part 2 →参照
 Part 3 →参照

| | Comments (0)

Aug 30, 2019

手をむすんで,手をうって

 「結んで開いて」と入力しようとしたら,わがATOK君はまず「蒸すんで」という変換候補を示してきた。それで,手を「閉じる」という意味で「むすぶ」というのはかなり古風な言い方だということに,今さらながら気づいた。
 この歌詞は幼いときに覚えたが,自分では手を「むすぶ」という言い方はしない。私の感覚では,手については「とじる」というのもあまり使われず,いちばん普通なのは「にぎる」である。
 「口をむすぶ」の方が少しは使われるような気がするが,こちらは「とじる」の方が普通だろう。ときどき話題になる「おにぎり」と「おむすび」の違いも「むすぶ」「にぎる」の盛衰と関係があるかもしれない。

 「結んで開いて」には「手を打って」というフレーズが出てくるが,これも古い言い方で,普通には手を「たたく」だろう。この「手をうつ」は「平家物語」かなにかで酒を飲む場面に出てきたような気がする。今の「手をうつ」はもっぱら比喩的な意味で使う。
 「膝をうつ」は今でも使うが,これもたいていは比喩的な使い方であり,古い言い方が慣用句に残った例だと思う。「ころんで頭をうった」というのも使うが,こちらは自分の意志で「うつ」わけではない。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 7月29日にネタバレ部分を除いて書いたアレックス・オリエ演出の『トゥーランドット』の件,その「ネタ」部分の報告が畏サイト CLASSICA に出た。

| | Comments (1)

Aug 26, 2019

アメリカの州と州都――今日の雑知識

 あるとき,米国の州の州都はけっこう小さな都市,あるいは知らない町が多いことに気づいた。そのとき気になったのは
  イリノイ州の州都は Springfield  シカゴではない
  カリフォルニア州は Sacramento  ロサンゼルスではない
  ミシガン州は Lansing  デトロイトではない
  ネヴァダ州は Carson City  ラスヴェガスではない
  ニューヨーク州は Albany  ニューヨークではない
といったあたり。
 その後ネットを調べたら,Wiki にずばりこの件を扱った項目があるのを初め,一部では話題になっていた。それらを総合すると,州都が州内最大の都市でないのは,50州のうち33州にのぼるという。
 米国はその名の通り州の連合体(United States)であり,州の独立性が高いから,州都にはそれなりの役割があるのだと思うが,それは大都市でなくてもよいということなのだろう。

 アラスカとハワイが米国の正式な州になったのは 1959年で,州の数は50となった。このとき小学校の先生が,星条旗の星の数は州の数を表すと教えてくれたことがかすかな記憶にある。私の小学校はすぐ隣りが米軍基地で,星条旗はいつも目にしてした。
 ネット上の資料によれば,米国国旗のデザインが正式に50星に変わったのは,1960年の独立記念日のことだった。48星のときは8個×6行で整然と並んでいたが,50星では6個の行と5個の行が交互に9行(1行目と9行目が6個)並ぶ互い違い配列になった。

 アラスカは面積が最大の州である。アラスカの州昇格前は最大だったテキサス州の2倍以上ある。当時のテキサスでは「北部の連中から,アラスカを2つに分けてテキサスより大きい州を2つにしてやる,と脅された」というジョークが語られたという。
 面積の3位はカリフォルニア,4位がモンタナで,以上の4州は日本より大きい。
 人口はアラスカが最少かと思ったら,ワイオミング,バーモントに続いて下から3番目だった。当然,人口密度は最小である。
    (星条旗については →参照

| | Comments (0)

Aug 19, 2019

相鉄西谷駅

 真夏の某平日,相鉄・JR直通線(11月30日開通予定;→参照)の現況を見ようと,相模鉄道本線とJR直通新線の分岐駅・西谷(にしや)へ出かけた。
 小田急に乗り,居眠りしていて目を覚ましたら乗換駅の海老名だった。相鉄の駅に行くと,ちょうど特急が発車するところだった。特急は2014年から走っているようだが,乗ったのは初めて。大和に停車したのみで,14分で二俣川着,各駅停車に乗り換えて8分で西谷着。
 西谷は横浜市保土ケ谷区。昔,友人が西谷に住んでいて,「西谷ってどこ?」と聞かれると「新幹線で新横浜を出てすぐ飛び降りたとこ」と答えていたのを思い出す。東海道新幹線が「唯一の新幹線」だったころの話である。
 西谷は2面4線の分岐駅に改造された。中の2線が本線,外側2線が分岐して地下へ入るJR直通線だが,上りホームの分岐線側は柵がしてあってまだ使用されていない。ホームの端からは地下へのトンネル口が見える。まあしかしそれだけのことで,ほかに見るものもないなと思っていたら,「まもなく4番線に回送電車がまいります」というアナウンスがあって,柵がしてある側にのっそりと無人の電車が入ってきた。すぐ発車して,地下の新線へ入っていく。新線ですでに試運転が行われているというニュースは見ていたが,タイミングよく試運転電車に出会えたのだった。
 JR直通線が開通すると,西谷は特急停車駅になり,特急と各停がJRに直通する。西谷の次は羽沢横浜国大(新駅)に停まり,その先でJR貨物線に入り,次いで横須賀線・湘南新宿ラインに合流する。次の駅は武蔵小杉で,そのまま新宿まで行く(一部は埼京線経由で大宮および川越方面に向かう)。
Ap8080422
Ap8080428
Ap8080435

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 猛暑だが,電車の中や建物の中は冷房が強すぎることが多く,軽い上着は手放せない。かつては,冷房は別に好きではないにしても特に弱いということはなかったのだが。
 小学校のころ,というのは1960年代初めごろだが,街の中心の商店街で冷房のある店は7,8軒にに1軒ぐらいだった。夏の帰り道には,冷房のある店の前ではゆっくりゆっくり歩いたり,数歩戻ってまた前を通ったりした。

 

| | Comments (0)

Aug 12, 2019

残暑の候

 長い梅雨で,真夏の暑さを忘れていたが,やっぱり夏は暑い。来年夏も酷暑は避けられない。

 猛暑だったが,初めて聞く某アマチュア・オーケストラの演奏会に出かけた。
 その開演前のこと,注意事項を告げる女性ナレーターが,携帯電話の電源のことを言ったあと,補聴器のことを言おうとして「盗聴器を」と言ってしまい,さすがに自ら絶句。客席に笑いが起きた。沈黙が4,5秒あったあと,補聴器の件には触れずに次へ進んでいった。
  ――盗聴器が音漏れしたら役に立たない。

 『新体系 高校数学の教科書』上・下(講談社ブルーバックス)をようやく読み終えた。
 4年前に,同じくブルーバックスの「現代人のための高校理科」4部作を読んだ(→参照)ので,こんどは数学をと思ったのだが,数学の内容は予想以上にハードで,字面に目を通しただけという部分が6割ぐらいにも上った。
 今回は電子書籍で読んだのだが,途中で「お客様におすすめの本」として同じ著者による『中学数学の教科書』の宣伝が読書端末に届いた。
  ――素直にこれに従っておいた方がよかったのかもしれない。

 新語ではないが先ごろ覚えた言葉――「携行缶
  ――ATOK君がまず変換して出してきたのは「蛍光管」。

 

| | Comments (0)

Aug 07, 2019

神保町だより 2019年8月

 神保町1丁目北側,マクドナルドのあるブロックの北東の角に,7月1日,「ちゃんこ富風」が開店した。ここは前は <四川担々麺>簫記,その前はトッポギの店で,近年あまり店が長続きしない場所である。
 尾車部屋の力士だった富風が経営者する店で,赤坂に続く2店目だとのこと。
 昼食は,味が日替わりのちゃんこ定食がメインで,それに鶏唐揚げのついたもの,ご飯なしでうどんを入れたもの(ちゃんチャン麺)などがある。食べたのはちゃんチャン麺で,質量ともに立派。野菜が多く食べられるのがいい。
 今年はなかなか梅雨が明けなくて涼しかったからよかったが,さて真夏にはどうか。

 そのすぐ近く,魚百の向かいの「Grill-Griller-Grillest」(開店は2017年5月)が8月2日限りで閉店した。建物が建替えになるためで,移転先を探しているが見つかっていないという。

 4月に「伯耆」が閉店し,ずっと「テナント募集」の貼り紙が出ていたが,7月後半に改装が行われ,8月5日,韓国料理店「あんず」が開店した。
 「ほおき」とかながふってある伯耆の看板(正しくは「ほうき」)は,開店1週間前にはまだ「健在」で,しかも中の明かりがついていた。これはさすがに開店前に交換されたが,郵便受けの表示は開店日になっても「伯耆」のままだった。昔と違って,しょっちゅう郵便が届くというようなことは想定されていないのだろう。

 Adsc_0818 Adsc_0839_20190807212801 Adsc_0848

| | Comments (0)

Jul 31, 2019

ドラム缶のベースギター――夏の思い出

 夏が来れば思い出す――中学のとき,というのは五十何年も前のことだが,毎年3泊4日の海のキャンプに出かけた。場所は三浦半島の先端近い小さな湾の奥にある合宿施設。学校にプールはなくて,このキャンプが水泳を習う唯一の機会であり,それまで泳げなかった私は,そこで中学1年のときに特訓を受けてやっと泳げるようになった。
 水泳以外の時間には,歌を歌ったり,ゲームやレクリエーションに興じた。このときに登場した年配のA先生は,生徒に歌を歌わせるために,なんと自作の楽器を持ってやってきた。それは,ドラム缶を立てて,上面に木の棒を水平に取り付け,そこに弦を張ったベースギターだった。
 弦は3本で,フレットはない。で,どうするかというと,弦を適当な調のド,ファ,ソに調弦し,主要三和音(ドミソ,ファラド,ソシレ)の根音を弾くのである。もちろん,簡単な歌でも主要三和音以外の和音を使うことはよくあるが,そのときは根音でなくともその和音に含まれている音で代用してしのぎ,最後をソ→ドと進行して終止すれば,けっこうそれらしくなる。で,私も弾かせてもらった。それまでメロディ楽器しか知らなかったので,ベースを弾くのはまったく初めてで,短い時間だったが低音楽器の快感を味わった。
 そのときの曲で覚えているのは「こおれる月影,空に冴えて」という歌詞で始まる「灯台守」である。原曲はイギリス民謡で,勝承夫の作詞だという。

 A先生は,中学生からするとかなりのおじいさんに見えたが,当時たぶん六十少し手前ぐらい。すでに学校を定年になっていて,嘱託かなにかで理科や技術家庭の授業をし,そのときは海のキャンプの手伝いにやってきたらしかった。ずっと後で知ったところでは,A先生の父は海軍の軍人でかつ東京帝大の教授,A先生自身も海軍の軍人で,A先生の弟は一人は戦前から戦後にかけて活躍した音楽評論家,もう一人の弟は古代日本語の音韻の研究で名を残して早世した言語学者なのだった。

| | Comments (0)

Jul 29, 2019

文学とビールと『トゥーランドット』,そして梅雨明け

 今日7月29日,関東地方がようやく梅雨明けとなった。去年はあきれるほど早く6月29日に梅雨明けを迎えたので,去年よりちょうど1か月遅かったことになる。ずっと激しく降ったわけではないが,ほぼ毎日少しは降っていたという感じだ。
 長雨で,野菜が一時かなり高くなった。特にキュウリは,近くのスーパーのばら売りがふだんは1本38円だが,今月は最高で78円になった。その後下がったが,今も50円台である。

 文京区立森鷗外記念館(最寄り駅は千代田線の千駄木)で,コレクション展「文学とビール――鴎外と味わう麦酒(ビール)の話」を見てきた。ほぼ1部屋のみの展示で,文学(大部分は戦前まで)の中にビールがどのように登場しているかという紹介が主。ビールを描いてもっともウマそうなのは椎名誠だと思うが,そこまでは出てこない。
 付設のカフェでは,オリジナルの「モリキネビール」が飲める。鷗外のふるさと石見の地ビールらしい。
 同展は10月6日まで(8/27 9/24(火)は休館)。9月7日(土)には,『軍服を脱いだ鷗外――青年森林太郎のミュンヘン』という本の著者・美留町義雄氏の講演会があるとのこと。

 新国立劇場の今シーズンの最後の演目,新制作オペラ『トゥーランドット』を7月20日に見た。すでに東京文化会館で3回,新国立劇場で4回,びわ湖ホールで2回の公演が終わり,8月に入って札幌文化芸術劇場で2回上演され,計11回となる。
 指揮は大野和士で,ピットには大野が音楽監督を務めるバルセロナ交響楽団が入っていた。近ごろめずらしい4週間にも及ぶ日本ツアーになる。音は全体として色彩豊かで華やか。歌手は世界水準で粒ぞろいだった。
 で,演出のアレックス・オリエがいろいろな機会に示唆していたのが,作曲が未完のまま終わった最後の部分は「めでたし,めでたし」にはなり得ないということである。まだ公演があるからネタバレは書かないが,それは一瞬のできごとだった。こう来たか,と思う間もなく幕になった。

| | Comments (0)

Jul 23, 2019

常磐線3月開通/相鉄JR直通線11月開通

 久しぶりに「鉄」ニュースを――

 常磐線の最後の不通区間,富岡―浪江間が「帰還困難区域のうち特定復興再生拠点区域の一部が先行して避難指示解除されるのにあわせて」2019年度末までに運転を再開するという。震災以来9年での全線開通である。
 開通後,「東京都区内と仙台市内を直通で結ぶ」特急が走るということも発表された。ここで「東京都区内」というのは,現在の特急「ひたち」と同じく品川発着が主になるという意味だと思われる。しかし,仙台でなく「仙台市内」となっていることについては,鉄道ファンのサイトでは「意図不明」としていろいろな憶測が出ている。仙台市内駅の範囲はかなり広い(特に仙山線は,仙台から 33.8km 先の奥新川までが市内駅として扱われている)が,直通して明らかに便利という駅は見当たらないからである。
 なお,今年4月20日には常磐線広野駅と木戸駅の間に「Jヴィレッジ」駅が開設された。ただし,臨時駅で,定期列車は止まらない。

 相模鉄道とJR湘南新宿ラインを結ぶ「相鉄・JR直通線」が,今年11月30日開業と発表された。相鉄本線の西谷から分かれて羽沢横浜国大駅までが大部分地下の新線で,羽沢横浜国大駅からJR東海道貨物線,すなわち湘南新宿ラインに乗り入れる。原則,新宿行きで,朝の通勤時間帯は大宮方面まで直通するという計画。
 相鉄では,今春から乗り入れのための紺色の新型車輌が運転を始めている。昔の淡色の車輌に比べると精悍な印象だ。先週からは,試運転電車が新線に入っているとのこと。
 羽沢横浜国大駅から分かれて,新横浜を経由して日吉で東急東横線・目黒線に乗り入れる「相鉄・東急直通線」の工事も並行して進んでいるが,こちらの開業は「22年度下期」の予定。現在でも,東横線は副都心線・東武東上線・西武池袋線に乗り入れているが,ここに相鉄からの電車が加わると運転系統はますます複雑になる。自分の目的地に直通する電車にうまく乗れれば時間の短縮になるが,調べておかないとギャンブル状態になりそうだ。

| | Comments (0)

Jul 12, 2019

子供の言葉,大人の理屈

ぼくのお母さん
 昔住んでいた四十数戸の集合住宅の前に,小さな公園があった。ベンチと砂場があるだけの場所だったが,主にそのマンションの親子が入れ替わり立ち替わり来ていた。少し大きな子は一人でもやってきた。
 あるとき,公園にいた男の子がマンションの上の方に向かって「ぼくのおかあさーん」と呼んだ。するとちゃんと該当のお母さんがベランダに登場するのだった。

否定の意味
 ケータイのなかったころのこと,ある人の家に電話をしたら5,6歳とおぼしき男の子が電話に出てきた。「お父さん,いらっしゃいますか」と聞いたら,「いりません」という返事が返ってきた。一生懸命丁寧な言葉で答えようとしたに違いない。
 またある子供は,「みかんを食べるのはご飯の後にしなさい」といわれたのに抵抗して「ご飯食べてからみかん食べない」と言った。「ご飯―みかん」という順序を否定したかったのだが,これではご飯を食べてからもみかんを食べられなくなってしまう。否定の意味・範囲をコントロールするのはかなり高度な言語能力を要する。

カフス理論
 よく理屈をこねる友人某によれば,カフスボタンというものは,両手同じものである必要はないという。両手のカフスが同時に見えるのは,両手の甲を相手に向け,胸の前でそろえて小指側どうしをくっつける,つまり手錠をかけられるような格好をする場合に限られるから,普通は両手のカフスを同時に見られることはほとんどない,というのが彼の理屈である。――わざわざ左右違うものをするのも面倒だと思うのだが。
 ちなみに,英語の cuffs は「手錠」でもある(正式には handcuffs)。

| | Comments (0)

Jul 05, 2019

歌仙7年の友

 職場で少し後輩だった旧同僚IKさんが今年の初めに亡くなったと聞いたのは,5月になってからだった。彼はこのところ病気がちではあったが,時々顔を合わせると話が弾んだし,今年もちゃんと年賀状が来ていたから,訃報には本当に驚いた。
 昔はよくいっしょに飲んだし,山にも行ったし,囲碁・将棋を教えてもらったりもした。そんな中で,彼とのみ共有した貴重な経験がひとつある。それは,彼と歌仙を巻いたことである。彼はいつのころからか毎月句会に出席していたが,私とその歌仙を始めたのはそれより前のことである。

 始まりは飲み屋だった。今世紀に入って間もなくの2月のある日,俳句の心得のある先輩と3人で飲んだとき,飲んだ勢いで連句をやろうという話になり,その先輩に発句をもらって,あとを彼と私が続けて,歌仙(36句)を目指すことにした。当時も今も,私は連句に興味はあったものの本で読むだけだったから,いろいろ調べながら手探りで始まった。式目は基本的なものは守ることにした。しかし,初折の裏の半ば,全体の10句目を過ぎたあたりでぱったりと止まってしまった。
 結局そのまま4,5年中断し,その間に彼は別の部署に異動になった。そのころ,俳句をよくする人とたまたま話をする機会があって,歌仙が中断していると言ったところ,その人曰く「両吟(2人でする連句)はなかなか続かないんですよ」。
 そう言われたこともかえって刺激になったと思うが,その後再開。再開後も順調とは言えない歩みだったが,名残の裏の途中から少し速くなって,たぶん6,7年がかりでようやく挙げ句にたどりついた。宗匠もなくて,おかしなところがいろいろあるとは思うが,後から思うとともかく巻き終えておいてよかったという他はない。

 虫の知らせだったのか,今春,辻原登他『歌仙はすごい――言葉がひらく「座」の世界』(中公新書)という本を買った。いま,読んでいるところだが,開くたびに彼のことを思わずにはいられない。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 昔,画面上に虫が這い回るスクリーンセーバーがあったが,先日,モニター画面上に本物のクモがやってきた。マウスのポインター(設定で少し大きくしている)を近くで動かすと,そのクモがポインターを仲間だと思って追いかける。けなげ。
Aap6210133

 

| | Comments (0)

Jun 30, 2019

鎌倉文学館で三島由紀夫「豊饒の海」の展示

 6月の某土曜日,鎌倉文学館へ出かけた。土曜日でも文学館の中はそれほど混まないというのは想定どおりだったが,その往復の横須賀線と江ノ電の混雑は予想を超えていて,横須賀線はラッシュアワーの一歩手前,江ノ電はほんとうにすし詰めで乗るのがやっとだった。これなら江ノ電には乗らないで鎌倉から歩けばよかったと思いつつ,2駅目の由比ヶ浜でなんとか降りた。
 で,見たのは特別展「三島由紀夫「豊饒の海」のススメ」。壮大な四部作「豊饒の海」の第1巻『春の雪』の重要な舞台・松枝侯爵家別荘のモデルとなったのは前田侯爵別邸,つまり他ならぬこの鎌倉文学館の建物であり,この展示にこれ以上ふさわしい場所はない。(ただし,『春の雪』の中で主人公たちが鎌倉の別荘で過ごすのは1913年という設定だが,現在の建物は関東大震災後の1936年竣工である。)
 特別展は1階と2階の各1室で,「豊饒の海」の創作ノートや原稿,書簡などがかなりの密度で並んでいた。自分にとってこの四部作の執筆が終ることは「世界の終わりに他ならない」と記した書簡もあった。この書簡の8日後の1970年11月25日,三島は第4巻『天人五衰』の最後の原稿を書き終えて,自決の地に向かったが,今回展示されていた「略年譜」によれば,小説の中の時間は三島の死の5年後まで続いているのだった。
 壮大な四部作というと,どうしても思い出されるのはワグナーの「ニーベルングの指輪」だ。ワグナーではラインの黄金から作られた指輪を人や神々が追い求めるが,「豊饒の海」の語り部・本多は輪廻転生の印を追い求める。ワグナーでは最後に神々がたそがれの時をむかえるが,「豊饒の海」では作者が最期をむかえた。
 ところで,三島の死のざっと20年後までの作家だったらこうして手書きの原稿や書簡が展示できるが,それ以降の作家だったら文学館は何を展示するのだろう。原稿やメールのプリントアウトしかないか。
 (→参照:三島由紀夫と「豊饒の海」
Aap6160114 Aap6160118

 

 (←Click to enlarge)

| | Comments (0)

Jun 22, 2019

フランコ・ゼッフィレッリ死去

 6月15日,映画監督・演出家フランコ・ゼッフィレッリ氏が死去した。1923年生まれの96歳だった。
 初めてその監督作品に接したのは映画『ロミオとジュリエット』だった。1968年製作なので,ゼッフィレッリは当時45歳だったことになる。昔も今も私は映画にあまり熱心ではないが,このときは何かで紹介を読んで,珍しくちゃんと封切館で見た。十代の終わりごろのことである。
 シェイクスピアの原作どおりの年齢のジュリエットとして起用されたのは,撮影時15~16歳のオリヴィア・ハッセー。華麗なセットの中で,きらめくようにかわいく,初々しかった。ジュリエットだけでなくロミオ役のレナード・ホワイティングも私より若く,年下の俳優が主演する映画を見るのはもちろん初めてだった。ずっと前に書いた(→参照)が,そのオリヴィアが1980年に布施明と結婚するとは思いもよらないことだった。
 『ロミオとジュリエット』から10年あまりたって,ゼッフィレッリをオペラ演出の巨匠として知るようになった。今回調べてみたら,ゼッフィレッリ演出のオペラはこれまでに14回も見ていた(曲目の異なりは9曲)。
 [ロイヤル・オペラ](1979):『トスカ』
 [スカラ座](1981,1986,2009):『オテロ』『ラ・ボエーム』(2回)『トゥーランドット』『アイーダ』
 [メト](1997):『カルメン』『カヴァレリア・ルスティカーナ』&『道化師』『トスカ』
 [ウィーン国立](2004):『ドン・ジョヴァンニ』(以上すべて来日公演)
 [新国立劇場](2009,2013,2018):『アイーダ』(3回)(→参照;→参照
 たいていは舞台装置や衣装も演出家によるもので,『アイーダ』『トゥーランドット』が絢爛豪華なことは話題になるが,もちろんそればかりではなく,いつも具象的で精巧。舞台を見る歓びを味わわせてくれた。ちなみに,『トゥーランドット』のきんきらきんの宮殿は発泡スチロール製だとのこと。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 先日,赤羽の「まるます家」の全面禁煙のことを書いた(→参照)が,神保町の薩摩焼酎の名店「兵六」は4月からすでに禁煙にしていたことに気づいた。

| | Comments (1)

«調味料とカフェイン