« 神保町花便り | Main | リングのチクルス上演 »

Apr 24, 2004

夕刊紙の報復

 3年前,イチローが野手として初めて大リーグ入りして毎試合出場するようになってから,夕刊紙を買う回数が増えた。米国の試合は,日本時間では朝で,勤め帰りの夕刊紙にちょうど結果が載る。朝刊の一般スポーツ紙はその後追いになり,悔しい思いをしているだろう。もっとも,日本のスポーツについてはすべて夕刊紙が後追いになるので,ほんの一部で報復を受けているにすぎないのだが。
 日本のナイターの開始は6時。これは少なくとも通勤時間の長い東京の勤め人は,帰宅してテレビで最初から見ることはまず不可能である。試合の終わりにも間に合わない人が多いのではないだろうか。
 大相撲はもっとひどく,朝からやっているのはまあいいとして,幕内の相撲は4時半すぎからで,6時前に終わってしまう。一般の勤め人のことはまるで考えていない。せめて2時間遅らせてほしいと思うが,それだとテレビ中継はやりにくくなるのかもしれない。
 3月のオリンピックのサッカーの予選のUAEラウンドは,日本時間では10時半開始で,仕事が遅くなっても,多少飲んで帰っても,最初から見られていい具合だった。

 クラシック系の音楽会は7時開演が多い。オペラは,長さによって開演時間は異なるが,終了時間が昔より遅くできるようになって,ワグナーの大作を除いては6時半というケースも多くなって助かっている。

 いま,関西某所に来ている。パソコンがあってネットにつながればどこででも記事を書いて掲出できるのが,ブログのいいところ(のひとつ)だ。これから,会合の席からアップロードしてみる。

|

« 神保町花便り | Main | リングのチクルス上演 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夕刊紙の報復:

« 神保町花便り | Main | リングのチクルス上演 »