« オペラと歌劇の雑誌 | Main | 神保町昼食ニュース5月号 »

May 05, 2004

Viva Duke!

 デューク・エリントンが,帝王にふさわしく(?)4月29日生まれということを,擬藤岡屋日記で知った。

 「デューク(公爵)」・エリントンと「カウント(伯爵)」・べーシーは,共にビッグバンドを率いて一時代を画し,両楽団は,主に50年代から70年代初めまで,ウィーン・フィルとベルリン・フィルのように屹立していた。
 デューク・エリントン楽団の66年の来日のとき,高校の吹奏楽のサックス吹きだった私は,制服のまま東京厚生年金会館に駆けつけた。(都内まで1時間半以上かかる場所に住んでいたから,東京のコンサートに出かけるのはかなりの大事業だった。)コンサートマスター=ジョニー・ホッジス as,大番頭=ハリー・カーネー bs,番長=クーティー・ウィリアムズ tp ら大物奏者の個性を生かしながら,要所要所に自らのピアノを織り込んでまとめていくアンサンブルは,一夜の華麗な夢だった。
 メンバーを順番に紹介するとき,トランペット奏者だった息子のマーサー・エリントン(後に,楽団を「相続」する)はまったく無視して通過したのが,妙に印象に残っている。(息子の方ももう亡くなったらしい。)
 私にとって,カラヤンと同じく,たった1回出会ったナマ演奏だった。

 この来日の直前に録音されたアルバムが「The Popular Duke Ellington」で,Take the 'A' Train をはじめとするヒット曲の数々が今も新鮮だ。
 なお,サイモン・ラトルとバーミンガム市交響楽団によるエリントン・アルバム「Classic Ellington」も私の21世紀の愛聴盤である。

|

« オペラと歌劇の雑誌 | Main | 神保町昼食ニュース5月号 »

Comments

シンクです。ご無沙汰しております。
"The Popular"、残念ながらリアルタイムではありませんが、10数年遅れでけっこう聴きました。懐かしいです。おなじみの「A列車」、ワルツのリズムでエリントンが珍しく、長々とソロを聴かせてくれましたっけ。
わたしの場合、一時期参加していたアマチュアのフルバンドが、どちらかというとベイシーのナンバーをレパートリーにしてたこともあって、エリントンは敬して遠ざける感じでしたが、まあ、演れ!といわれても、あのムードは出せなかったかも知れません。

ところで、勝手ながら弊サイトからもリンクを張らせて戴きました。不都合がありましたらどうかお知らせ下さい。

Posted by: シンク | May 05, 2004 at 07:33 PM

 おはようございます。コメントありがとうございます。
 私は,大学にちゃんとしたフルバンドがあれば参加したと思いますが,なかったので,オーケストラに入り,オーボエを始めて今日に至っています。
 去年,今やっているオーケストラでアルト・サックスの出番があったので,三十数年ぶりで楽器を買いました。――どこかで吹きたい!
 こちらからもリンクさせていただきました。

Posted by: IZK=TSH | May 06, 2004 at 07:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/540521

Listed below are links to weblogs that reference Viva Duke!:

« オペラと歌劇の雑誌 | Main | 神保町昼食ニュース5月号 »