« 指揮者なしでデュカ | Main | 雑誌6トンの重み »

Jan 30, 2005

初台の伏魔殿

 新国立劇場の1月公演『マクベス』は,野田秀樹演出による再演だった。黄色い花が咲き乱れる中を走り回る魔女たちの動きがおもしろく,タイトルロールのカルロス・アルヴァレスも熱演で(初日は代役だったらしいが),良い舞台となった。

 その『マクベス』公演中の1月19日に突然,同劇場の2月公演『ルル』が,予定の3幕版から2幕版に変更になり,アルヴァ役が交代する,という発表があった。新演出の準備中に歌手が交代することはいくらでもあるし,指揮者の交代もないわけではないが,初日20日前の時点で上演版の変更というのは聞いたことがない。
 オペラ芸術監督のトーマス・ノヴォラツスキー氏の声明では「非常に高度な芸術的レベルが要求される作品であり、新国立劇場といたしましては高い水準を維持した公演を聴衆の皆様に観劇いただくため」,(1)3幕版から2幕版への変更,(2)アルヴァ役の交代,という措置をとったという。
 Yomiuri Online ではもっとはっきり「歌手の水準低くオペラ短縮」という見出しを掲げ,「一部の歌手が芸術的に満足できる水準に達していないことを理由に,当初予定していた全3幕完成版から全2幕版に急きょ変更して上演すると発表した。これにより出演者が一部変更となるほか,公演時間も1時間半近く短縮される。」と書いている。

 『ルル』にそれほどなじみがあるわけではない者としては,第3幕でアルヴァというのがどのぐらい重要な役なのかはわからないが,同役の歌手のレベルが最大の原因だとすると,基本的には歌手を選んだ方の責任だろう。なにしろノヴォラツスキー氏は「(日本人・外人を区別せず)世界的基準でオーディションを行う」というスローガンを掲げていたのだから。(同氏は上記の声明の中で,某放送局の会長と違って,「このような結果となりましたことを大変遺憾に思っております。この責任は芸術監督である私にございます。心よりお詫び申し上げます。」と述べ,またチケット代の払い戻しにも応じている。)
 一方で,タイトルロールのしのぶサンは,ポピュラリティのない曲への客寄せのために,他のオーディションとは別に決まっていたような節もあるが,どうなのだろう。(ルルなら他の曲のヒロインよりは似合っているような気も(少しは)するが。)
 気の毒なのは,出番がなくなってしまった人たち。ギャラはある程度出るのだろうが,このために他の仕事を断ったりしたのではなかろうか。

 オペラハウスの「伏魔殿係数」でも世界的基準に近づいているのかも。

|

« 指揮者なしでデュカ | Main | 雑誌6トンの重み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/2746404

Listed below are links to weblogs that reference 初台の伏魔殿:

« 指揮者なしでデュカ | Main | 雑誌6トンの重み »