« 二期会から謹告 | Main | 太田和彦『東京・居酒屋の四季』 »

Jul 29, 2005

オペラの最中に地震

 前回触れた二期会の『フィレンツェの悲劇』(ツェムリンスキー)と『ジャンニ・スキッキ』のダブルビルを,28日の初日に見に行った(新国立劇場)。
 まだ31日まで公演があるので,ネタバレとなることを書くのは今日は差し控えるが,いろいろな意味で目の離せない舞台だった。

 前半の『フィレンツェの悲劇』が佳境に入った7時15分ごろ,地震があった(後で見たニュースでは東京は震度3)。オペラはもちろん何の支障もなく進行したが,客席はかなりざわついた。
 長年オペラを見ているが,上演中の地震というのは記憶にない。暗い中に人が密集しているから,2階席・3階席が落ちたりしたらまず逃げられないと思うと,ふだん震度3ぐらいでは感じない恐怖を感じた。

 地震といえば,いつの来日時かわからないが,カール・ベームが日本で地震に遭ったときのことを語ったインタビュー記事が,かすかな記憶に残っている。
 夫妻で帝国ホテルに泊まっているとき,夜中にかなりの地震があった。ベーム夫人が「ドーンという衝撃があったので,だれかがベッドの下にいて,ベッドごと押し上げようとしたのかと思った」と言ったので,ベームは「その歳でまだ,ベッドの下に男が忍んでくると思っているのかね」と言って笑ったという。

|

« 二期会から謹告 | Main | 太田和彦『東京・居酒屋の四季』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/5218584

Listed below are links to weblogs that reference オペラの最中に地震:

« 二期会から謹告 | Main | 太田和彦『東京・居酒屋の四季』 »