« 思わず会釈 | Main | 横須賀ホッピー巡礼 その2 »

Aug 13, 2005

横須賀ホッピー巡礼 その1

 7月15日の本欄で書いたように,わが故郷・横須賀は,ごく限られた文献によると,ホッピーの聖地だという。それを見て以来にわかに望郷の念がつのり,夏の某日曜日と某平日の2回,帰省兼聖地巡礼に出かけた。

 まず,某日曜日,湘南新宿ラインと京浜急行で,午後,横須賀中央に降り立った。
 その限られた文献『散歩の達人』7月号には10軒の店が出ているが,日曜日の昼間からやっている店は少ないので,選択肢はあまりなく,まず「もーり」へ行ってみた。K劇場という奇跡的に残っているピンク映画館の並びである。ここは月曜以外朝9時からやっている。
 カウンターが奥に向かって伸びて,その奥の厨房でおやじさんが1人で料理を作っている。食堂としても普通に機能していて,昼食の客がかなりいた。生ビールをグラス1杯飲んで景気をつけて(?)から,いよいよホッピーを注文したところ,冷蔵庫から取り出したジョッキに,冷やしてポットに入っている焼酎を注ぎ,同じく冷やしたホッピーのびんと共に出てきた。なるほど,三冷(グラス・焼酎・ホッピーを冷やす)である。氷を使わないと,ホッピーのほのかな甘みが感じられて,違う味がある。昼食代わりのおかずと共に2杯飲んだ。

 街を歩いて,この店は昔からあるな,この店は同級生の家だったな,などと市内視察をしてから,もう1軒,文献に載っていた「忠孝」に行ってみた。しかし,開店のはずの時間になっても開く様子がない。もう少し時間をつぶすかと思って別の方面へ歩いていくと,同じ「忠孝」の別の店がやっているのを見つけ,入ってみた。
 カウンターは,床に座って,掘りごたつ式に溝に足をおろすようになっていた。さっそくホッピーを注文。ここも三冷で出てきた。各種串焼きは,炭火の入ったミニこんろが運ばれ,自分で焼くようになっている。火で暑いので,よけいに飲みたくなる。おかわりは黒ホッピー。

 外へ出るとまだ明るい。しかし焼酎がかなり量があったので,2軒でじゅうぶん満足した。

|

« 思わず会釈 | Main | 横須賀ホッピー巡礼 その2 »

Comments

こんにちは。『散歩の達人』の中にあった食堂系の「もーり」や「一福」というお店は気になってます。次回行ってみます。「中央酒場」や「太田屋」もいいですよ。あーなんだか横須賀ホッピーが呑みたくなってきました(笑) ちなみに小生のホッピーの始まりは、野毛にある「ホッピー仙人」です。機会あれば行ってみてください♪

Posted by: むー | Mar 15, 2006 at 05:03 PM

コメントありがとうございました。中央酒場と太田屋はほんとにいいですね。(次の項に書きました。)

Posted by: 家主IIZUKA | Mar 17, 2006 at 07:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/5447154

Listed below are links to weblogs that reference 横須賀ホッピー巡礼 その1:

« 思わず会釈 | Main | 横須賀ホッピー巡礼 その2 »