« 横須賀ホッピー巡礼 その1 | Main | シーズン最後の夜のオペラ »

Aug 14, 2005

横須賀ホッピー巡礼 その2

 続いて,ささやかな夏休みのうちの1日(平日),第2回の巡礼に出かけた。今回は日曜休みの店を目指し,前回と同じく,昼を少し過ぎて横須賀中央に着いた。

 まず駅から近い「中央酒場」へ。10時からやっている。ここはホッピーの三冷のうち二冷は同時で,焼酎はジョッキについだ状態で専用の冷蔵庫に入っていた。
 カウンターとテーブル席があり,姉妹のような感じのおばさん2人がカウンターの中にいて,1人が揚げ物・炒め物など火を使う仕事をしていた。そのうち亭主らしい人や若い従業員も現れて,計6人ほどが働いている。店内は明るく,つまみには地元の魚もいろいろある。久里浜のタコぶつ,イワシのぬた,豆腐ステーキ(ここでは単に「ステーキ」というと豆腐)をつまみ(兼昼食)に,ホッピーの白・黒各1杯飲んだ。前回の2軒と比べると純粋な居酒屋で,魚に力を入れているようだ。(下の写真は,夕方,帰りがけに写したもの)
050810a

 もう1軒の開店待ちと酔い覚ましを兼ねて,京急で数駅離れた町へ行ってみた。二十数年ぶりのセンチメンタル・ジャーニーである。町の基本構造は変わっていないが,目立つのはコンビニとケータイの店で,古くからの地元の商店はひっそりとしている。

 バスで横須賀中央に戻り,こんどは「太田屋」(4時半開店)に入ってみた。小さいが活気のある店で,ここもホッピーはもちろん三冷。おねえさん2人で注文を要領よくこなしていく。
 ここは,辛子を塗る独特の湯豆腐を考案した店だというので,その湯豆腐を半丁食べてみた。なぜ湯豆腐に辛子なのかと思ったが,まあおでんの仲間だと思えばよい。おでんと同様,あらかじめ煮てあった豆腐を温めて出す。ほかにカツオぶつ,なす焼き,ちくわ磯辺揚げと,ホッピー2杯。
050810b
 時間が早めだったせいもあって,みな1,2杯でさっと引き上げていく。平日の日常的な暮らしが淡々と続いていた。

|

« 横須賀ホッピー巡礼 その1 | Main | シーズン最後の夜のオペラ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/5458826

Listed below are links to weblogs that reference 横須賀ホッピー巡礼 その2:

« 横須賀ホッピー巡礼 その1 | Main | シーズン最後の夜のオペラ »