« 三都物語――(1) 序 | Main | 80回 »

Dec 30, 2005

三都物語――(2) 雪のプラハへ深夜着

◇ビールのあるドトール
 日暮里駅のJRから京成への乗り換え階段にはエスカレーターがなかった。JR成田エキスプレスへの抵抗勢力に対するいじめに違いないと腹を立てつつ,トランクを引っ張り上げる。その後は順調に成田空港着。
 一応ツアーなので,団体用の旅行会社別カウンターに「出頭」し,チェックイン。セキュリティ・チェックでは何度もブザーが鳴ってベルトを外されたりした。出国管理を済ませるとあとはヒマで,ドトールで休憩した。ここのドトールにはなんと生ビールがあった。

◇乗り継ぎ4時間
 1:00に予定通り出発した。周りは,前夜トヨタカップで優勝したサンパウロのチームのサポーターたち。日本の新聞のスポーツ欄で前夜の写真を見つけて喜んでいる。
 国際線に乗るのが14年ぶりなので,飛行機の食事やトイレも14年ぶりだし,各座席に液晶画面があっていろいろな「番組」が選べるのも初めてだった。

 現地時間で夕方5時(日本時間午前1時)過ぎ,パリ・シャルルドゴール空港着。やれやれあと少しと思ったのだが,波乱はそれからだった。
 出発案内には雪のためか遅延の便がいくつかあったが,乗り継ぎの6:45のプラハ行きはずっと on time という表示になっていたので,搭乗口前の待合室に入った。しかし,6:30になると突然,「遅れている。8:45搭乗開始」というアナウンスがあった。
 小さな薄暗い待合室で,英字新聞を読むぐらいしかすることがない。7:30ごろ,サンドイッチとジュース類が配られ,少し落ち着いた。
 8:45 にやっと搭乗。しかし,飛び立ったのは9:30ごろだった。機内で,冷たい軽食(ソーセージ,チーズ,パン)が出た。

◇プラハの白タク
 11:15ごろ,一面の雪のプラハ空港に着いた。成田を発ってから18時間たっている。自動両替機でカードからキャッシングしてとりあえずの現金を入手した。ホテルまではツアーの一部として迎えの車があるはずだったのだが,遅延を待つのは1時間半までということになっている。路線バスももう終わっていたが,他の乗客たちといっしょに待っていたらバスが来て,市内まで行くから乗れという。航空会社の手配によるものらしく,無料だった。

 降ろされたのは,地下鉄のひとつの始発駅だった。しかし,地下鉄はもう終わっていて,タクシーもつかまりそうにない。雪が降っているし,なにしろトランクを引きずっているから,簡単に歩き回ることもできない。
 見回すと,すぐそばにかなり大きなホテルがある。そこのフロントでタクシーを読んでもらえないかと頼んだところ,わかった,中に入って待っていろという。しばらくして車が来たというので出てみると,タクシーではなくそのホテルの車だった。ドナウ川を越えてだいぶ走り,予定のホテルまで連れて行ってくれた。「料金」を言われて払い,チップも渡した。要するに「白タク」をやってくれたわけである。

 1:15に,ようやくホテルにチェックイン。長い1日だった。

|

« 三都物語――(1) 序 | Main | 80回 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/7901220

Listed below are links to weblogs that reference 三都物語――(2) 雪のプラハへ深夜着:

« 三都物語――(1) 序 | Main | 80回 »