« 神保町の「パンツ店」 | Main | オペラ400回 »

Mar 02, 2006

『Asahiパソコン』休刊

 いつものように,駅の売店で『Asahiパソコン』を買った。これまでとまったく違う赤1色の表紙で,春の模様替えだと思ったのだが,見ると真ん中に「終了しますが,本当によろしいですか」というダイアログ・ボックスがあり,「はい(Y)」「いいえ(N)」というボタンがある。なんだか様子がおかしいなと思いながら中を開けると,扉ページになんと休刊のあいさつがあった。
 休刊の予告は実は前々号(つまり1か月前)に出ていたのだが,うかつにも気づかなかった。朝日新聞にも出たらしい。

 創刊は1988年11月だから約17年半前である。私が初めてパソコン(NECの98note)を買ったのが91年暮れで,この雑誌はたぶんそのころ買い始めたから,14年以上読んでいたことになる。
 毎号買っていたのは,まあ惰性でということもあるが,理由を挙げるなら,薄くて軽いこと,月2回刊で情報の鮮度がいいこと,初心者向け・中級者向けの内容のバランスがよいこと。そして振り返ってみると,いちばん重要なのは,オジサンにも抵抗がない比較的落ち着いた言葉遣い・レイアウトだった。

 終刊号では,パソコンについての情報はまさにパソコンによってネットから得られる状況で,パソコンを扱う雑誌というものの限界が語られている。
 しかし,情報の垂れ流しでなく,時間というフィルターと編集という過程を経て届けられる雑誌という形態は,存在意義を失っていないと思うのだが。

|

« 神保町の「パンツ店」 | Main | オペラ400回 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/8904353

Listed below are links to weblogs that reference 『Asahiパソコン』休刊:

« 神保町の「パンツ店」 | Main | オペラ400回 »