« ボローニャ歌劇場『アンドレア・シェニエ』 | Main | 禮華楼と楽々 ――神保町'70s (8) »

Jun 14, 2006

オーストラリアとクロアチア

 朝からなんとなくそわそわ,夕方は10時までに帰宅できるよう計算して飲む,というのが,W杯日本戦の行われた12日の非・非国民の行動だったに違いない。
 今日焼鳥屋で「昨日(12日)はどうでした?」と聞いたら,やっぱり「9時半に(客が)2人になって,それっきりでしたよ」

 オーストラリアでは,元来 football といえば Australian Rules,つまり楕円形のフィールドで行う18人制のものである。そのオーストラリアでサッカーを育てたのはクロアチア人が主だった,という話を最近読んだ。
 そういえば,上記の焼鳥屋で前にたまたま会ったオーストラリア人は,両親がクロアチアから来たと言っていた。(と思ったが,マケドニアだったような気もしてきた。)(参照:An American in Bukuro [偶然,ちょうど2年前])

|

« ボローニャ歌劇場『アンドレア・シェニエ』 | Main | 禮華楼と楽々 ――神保町'70s (8) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/10518259

Listed below are links to weblogs that reference オーストラリアとクロアチア:

« ボローニャ歌劇場『アンドレア・シェニエ』 | Main | 禮華楼と楽々 ――神保町'70s (8) »