« お盆新旧 | Main | 幽霊列車 »

Aug 20, 2006

7月の横須賀

 先回書いたように,横須賀では7月15日ごろに花火大会があった。花火は,明治時代の埋め立て地の先の海の上から打ち上げられた。今は埋め立て地はその向こうに広がっている。
 この少し前の7月4日,すなわちアメリカの独立記念日には,米海軍基地の花火大会があった。もちろん,「日本側」から見えるところで打ち上げる。

 10日ちょっとの間隔で花火大会があり,同じ丘の上から見るから,どうしても見比べることになる。1960年代の初めごろまでは,子供の目にもはっきりわかるくらい,アメリカの花火は華やかで,景気が良かったのだが,その後いつのまにか「逆転」し,仕掛け花火でフィナーレを飾る「15日」の優位は,高度成長の中で揺るぎないものとなった。
 米軍基地には,ナイター設備のある野球場がある。7月4日の花火は,この野球場の照明2基に明かりがつくのが終了の合図だった。

 7月25日前後には,地元の神社の夏祭りがあった。山車を引いたり,子供御輿をかついだりして,町内を歩いた。休憩のときの甘ったるいジュースや,人工着色料いっぱいのかき氷が,ごちそうだった。夜になると,東京からやってきた芸人が,屋外の仮設舞台で漫才をやったりした。
 あとから考えると,戦後の混乱から立ち直り,ベビーブームで生まれた子供を中心にして,祭りがかなりの規模で行えるようになったころで,大人たちにとっても祭りは楽しい行事だったことだろう。

|

« お盆新旧 | Main | 幽霊列車 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/11519483

Listed below are links to weblogs that reference 7月の横須賀:

« お盆新旧 | Main | 幽霊列車 »