« 呼び出しの電話史 | Main | イングリッド・ビョーナーの死去 »

Sep 09, 2006

銀鱗――アジ・サバ・ホッケ

 このところかれこれ十数年ごぶさたしているが,かつては水族館にときどき行っていた。水族館では,熱帯の色とりどりの魚もきれいだし,エイがひらひらと泳ぐ姿も楽しいが,見るたびに印象に残ったのは,アジやサバなどの平凡な魚が泳ぐ姿の美しさだった。
 アジ・サバを「平凡」というのは,もちろん食べる魚としてなじんでいるからだが,その姿は精悍で,バランスのとれた機能的な形をしていて,銀鱗が微妙な色合いにきらめいている。文字通り光りものである。

 だいぶ前だが,テレビで礼文島の自然を扱った番組があり,海の中も撮影されていた。そこで初めて見たのが,ホッケの泳ぐ姿だった。ホッケは,ともすれば開きで泳いでいるんじゃないかという錯覚を起こすほど,なにしろ開きしか見たことがない。それが,これまたひときわ美しい銀鱗を輝かせて,群れをなして泳いでいる姿は,感動的だった。

|

« 呼び出しの電話史 | Main | イングリッド・ビョーナーの死去 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/11819642

Listed below are links to weblogs that reference 銀鱗――アジ・サバ・ホッケ:

« 呼び出しの電話史 | Main | イングリッド・ビョーナーの死去 »