« 銀鱗――アジ・サバ・ホッケ | Main | 新国立劇場『ドン・カルロ』で開幕 »

Sep 16, 2006

イングリッド・ビョーナーの死去

 ヴァルナイについては日本の新聞にも訃報が載っていたが,イングリッド・ビョーナーが同じ9月4日に死去していたことを,ミュンヘンからの便りで知った。

 ヴァルナイはほとんど名前しか知らないが,ビョーナーは1974年のバイエルン州立歌劇場の初来日公演のときの『ワルキューレ』でブリュンヒルデを歌ったのを聞いた。当時47歳だったことになる。私の本拠地にある「見たオペラ」リストの2番目の公演で,初めて生で見るワグナーにただただ圧倒された。ブリュンヒルデがどうだったかはほとんど記憶がないが,みなすごかったというかすかな印象があり,その6人の歌手(テオ・アダム,ジェームズ・キング,ギネス・ジョーンズ,ビョーナー,ブリギッテ・ファスベンダー,カール・リッダーブッシュ)の名は忘れがたい。

 その後,日生劇場で,『トリスタンとイゾルデ』第2幕を演奏会形式でやったことがあり,そのイゾルデがビョーナーだったと思っていたのだが,ネットを検索してもわからない。幻だったか。

|

« 銀鱗――アジ・サバ・ホッケ | Main | 新国立劇場『ドン・カルロ』で開幕 »

Comments

TrackBack ありがとうございました。
1974年のバイエルン州立歌劇場公演は、わたしは「ワルキューレ」だけ観ていないのです。(汗)

しかし、この顔ぶれは素晴らしいですね。「夢の饗宴」という使い古された言葉がピッタリ来ます。

Posted by: 【篠の風】 | Sep 16, 2006 at 10:40 PM

ご無沙汰です。

>日生劇場で,『トリスタンとイゾルデ』第2幕を演奏会形式でやったことがあり,

いえ、幻ではありません。整理が悪いので今どこかに埋もれていますが、我が家にNHKで放映された際に録画したVTRがあるはずです。

Posted by: Flamand@擬藤岡屋日記 | Sep 27, 2006 at 02:16 PM

ありがとうございます。そうですか。狭い日生劇場の空間が音で充満していたような記憶があります。

Posted by: 家主IZK | Sep 30, 2006 at 11:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/11915889

Listed below are links to weblogs that reference イングリッド・ビョーナーの死去:

« 銀鱗――アジ・サバ・ホッケ | Main | 新国立劇場『ドン・カルロ』で開幕 »