« 銀河の旅 | Main | 銀婚オペラ『ダフネ』 »

Feb 15, 2007

ハ長調の日

 若い才能がきらめいて,気持の良い演奏会だった。おそらくお客さんもそう思っただろう。先日,出身高校の関係者によるオーケストラの演奏会に久しぶりに出演し,コンチェルト2曲の伴奏をしたのである。
 曲はハイドンのチェロ協奏曲第1番とベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番という共にハ長調の第1番で,ソリストは共に現役の高校2年生だった。

 チェロのM君は,制服の上着を脱いだワイシャツ姿で登場し,細い体を折り曲げながら,朗々と歌うチェロを聞かせてくれた。プログラムでの紹介で知ったのだが,M君は卓球部のキャプテンだという。
 ピアノのS君は,制服でなく,タキシードを着て登場した。学校での練習のときもすごいなと思ったけれど,ホールのちゃんとしたピアノで聞くと数倍すばらしかった。細かいところが正確無比なのは当然だが,緩徐楽章もきちんとサマになっていて,余裕を持ってオーケストラと歌い交わしていた。

 終わって,「成人」出演者のみで打ち上げへ。ベートーヴェンの指揮をしたT1氏,トレーナーのT2氏(共にプロの弦楽器奏者)も交えて話がはずんだ。2次会と合わせて,計6時間の長丁場になった。

|

« 銀河の旅 | Main | 銀婚オペラ『ダフネ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/13918609

Listed below are links to weblogs that reference ハ長調の日:

« 銀河の旅 | Main | 銀婚オペラ『ダフネ』 »