« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

Jun 27, 2007

ジョナサン・ミラーズ――『ファルスタッフ』と『ばらの騎士』

 新国立劇場の今シーズンの最後は,『ばらの騎士』と『ファルスタッフ』の日替わり公演だった。演出はいずれもジョナサン・ミラーで,『ばらの騎士』は新制作,『ファルスタッフ』は2004年制作の再演である。
 印象に残ったのは,共にイザベラ・バイウォーターという女性による舞台装置。どちらも写実的なもので,外から光があたって美しい。『ファルスタッフ』では床が白黒の大きな格子模様で,フェルメールの絵を意識したものだと思う。
 『ばらの騎士』の第1幕・第2幕では,大広間の右側に廊下が作られていて,まっすぐ奥へ伸びている。そこで繰りひろげられる細やかな演技が見えるのは,上手寄りの席の聴衆の特権だった。(第3幕では廊下を左側にして公平を期していた。)
 ジョナサン・ミラーの演出は,これまでに,ウィーン国立の『フィガロ』,スカラ座の『西部の娘』を見た。『西部の娘』は,天井の高い部屋にやはり外光がふりそそぐ舞台だったという記憶がある。田舎の酒場にしては立派すぎる装置だったが。

 今回の2曲の主要人物ファルスタッフとオックス男爵は,こうしてあらためて見比べると,共通点が多い。どちらも好色な中年男で,太っていて,身分が高く,皆にからかわれ,とっちめられる。演出は,この2人をまったくの悪者にはしないで,敬意をもって遇し,かつ没落の予感を漂わせていた。

 ファルスタッフはアラン・タイタス。20年に7つの役を見ているが,ベテランの味で今度のファルスタッフがもっとも適役で,余裕たっぷりだった。
 マルシャリンは初めて見るカミッラ・ニールント。美人で若く気品があり,実は若いマルシャリンの役(三十代始めの設定だったか)にぴったり。オクタヴィアンのツィトコーワも男役がぴったり。それにひきかえゾフィー役は,なんだかマルシャリンより年上に見えてしまった(プログラムに載せる写真は,20年前のものではなくせめて10年前のものにしてほしい)。でも歌は良くて,第3幕の3重唱もみごとだった。
 あとで記録を見たら,ちょうど1年前の同日の新国立劇場で,ツィトコーワのオルロフスキー公爵を聞いたのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 12, 2007

『モスラ』の歩み

 映画は昔からあまり多くは見ていないが,それだけに,見た少数の映画のことは比較的よく覚えている。小学生のころに見た映画でいちばん印象に残っているのは『モスラ』である。

 『ゴジラ』は見ていないので,特撮映画・怪獣映画というのも『モスラ』が初めてだった。東京の街を破壊していく所はミニチュアのセットで撮影されたわけだが,ゴジラは着ぐるみで撮影できたのに対して,モスラは空を飛ぶからそうもいかず,技術的な難度は高かったはずだ。
 モスラは昆虫であり,卵・幼虫・さなぎ・成虫と姿を変えていくのがいちばんおもしろいところだ。東京タワーに登ってさなぎとなり,そこから成虫として空に飛び出すところは,物語のクライマックスとは別の特撮のクライマックスだった。

 この映画の音楽が古関裕而(→参照)によるものであることを知ったのはずっと後のことであるが,双子の小人役のザ・ピーナツが「モスラーーや」と歌う歌は非常に印象的だった。
 そして,『モスラ』の原作が,中村真一郎・福永武彦・堀田善衛の共作であることを知ったのはさらに後のことだった。物語の進行役を務める新聞記者・福田善一郎の名は,この3人の名前から作られたのだった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jun 10, 2007

LPの枚数

 昔,普通のLPレコード1枚の収録時間は,両面で40分から60分ぐらいだった。「運命・未完成」のように競合品が多いものは60分めいっぱい入っていたが,カラヤンの新譜などというと「強気」で,35分ぐらいの交響曲1曲で1枚ということもあった。(CDになって,1時間裏返す必要がなくなったのは大いなる福音だった。)

 オペラのLPは当然複数枚になり,1枚にたいてい60分近く入っていたから,『フィガロの結婚』『アイーダ』は3枚,『魔笛』は台詞が少なければ2枚,『ローエングリン』は4枚などと,曲ごとに枚数がほぼ決まっていた。
 もちろん,幕ごとにたいていは新しい面から始まるから,「半端」が出て,3枚だと必ず3時間というわけではないが,LPの枚数が長さの尺度になっていた。

 今でも,こんど見るオペラの終演は何時になるかというとき,「3枚もの」だから,休憩を入れて3時間半かな,と見当をつけたりする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 02, 2007

クローエに寄す

 先日「ダフニスとク□エ」のことを書いたら,ク□エという店のブログからトラックバックが何回か届いた。特にいかがわしいものではないが,スパムには違いない。ク□エという言葉の出現を常に監視しているのだろう。(念のため,ここでは真ん中の字を伏せ字にしておく――あまり伏せてはいないが)

 かつて,曲名のパロディが仲間内ではやったことがあった。「ユベロン序曲」とか「カッコーワルシ」といった類である(もっと傑作があったと思うが,思い出せない)。「ダフニスとク□エ」については誰かが「末次と黒江」と言ったが,あまり理解されなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »