« June 2007 | Main | August 2007 »

July 2007

Jul 26, 2007

海辺の道――呉線の旅

 6月の某日,広島県で用事ができたのを幸い,呉線に乗りに行った。呉線は,山陽本線の海田市(かいたいち)と三原の間を,山陽本線より海寄りのルートで走る。乗ったのは広島始発の電車で,4つめが分岐駅の海田市である。途中までは通勤客や高校生で混んでいたが,やがてすいてきた。といっても過疎地モードではなく,少なくとも呉までは座席はほぼ埋まっていた。
 トンネルをいくつかくぐると海が見え,グレーの艦船がいる。このあたりの感じは,私の故郷の同じ軍港の町・横須賀とよく似ている。ただし,JRの横須賀駅が海には近いが市街地から離れているのに対し,呉駅は海にも市街地にも近い。横須賀と呉は,ともに鎮守府が置かれ,海軍工廠があったが,工廠の規模は呉の方がはるかに大きかった。巨大戦艦「大和」が建造されたのも呉で,いま呉には「大和ミュージアム」がある。

 呉から先もトンネルと海の風景は続き,車両基地のある広(ひろ)を過ぎるとかなりローカル線風になる。広の次は仁方(にがた)で,かつては予讃線の堀江(愛媛県)との間に仁堀連絡線が通っていたということで(鉄道ファンにだけ)知られている。
0706a
 呉から1時間と少しかかって,竹原着。ここで下車し,タクシーで安芸の小京都・竹原の古い町並みの保存地区へ向かう。観光客はいたが,商家や造り酒屋が並ぶ町並みは,午後の陽光の下で静かだった。

0706b
 洋風建築の元図書館が歴史民俗資料館になっていて,かつて繁栄をもたらした製塩や酒造,竹原ゆかりの有名人・池田勇人,頼山陽一族,竹鶴政孝(ニッカウヰスキー創業者)などについての展示があった。古い木の床がぎしぎし鳴った。
 名物の瓦そば――ゆでた日本蕎麦と具(豚肉,錦糸卵など)を瓦の上で焼いたもの――で昼食の後,その店でタクシーを呼んでもらって駅へ戻る。
0706c

 再び呉線に乗る。2つめの安芸長浜を過ぎると線路がぐっと海に近づく。特に次の忠海(ただのうみ)からは,海岸ぎりぎりに岬を回るので,刻々方角が変わり,景色も変化に富む。海に近い鉄道はいろいろあるが,海岸線への「忠実度」は,この20km が屈指の存在である。
0706d
 最後は真北を向いて進み,山陽本線にぶつかって東へ曲がって,終着三原となる。広島から93km,正味2時間40分の旅だった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jul 25, 2007

東西のスポニチ

 7月23日(月)朝,京都でスポーツニッポンを買ったところ,その前日はオールスター明けでプロ野球の試合はなかったのに,なんと1面から3面までタイガースの記事で埋まっていた。中身は練習の様子が主で,大きな写真を配してかなり「水増し」している。
 この日,松井のダブルヘッダー2試合連続ホームランや,大相撲千秋楽など,1面ネタはあったはずなのだが,まるで眼中にない。
 午後帰京して東京のスポニチを見たら,1面は当然松井だった。東西の違いは,もちろん日によるのだろうが,一般紙よりかなり大きいようだ。ほかに,芸能面に宝塚歌劇についての連載があるのも関西版だけだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 14, 2007

Tempi too urgent――ロンドンで 1975

(ひとつ前の続き)
 ロンドンに着いた翌日,大英博物館やテイトギャラリーを見て,夕方一度ホテルに戻った。

 町でもらった観光案内の新聞によると,夜8時から,ロイヤル・フェスティバルホールでニュー・フィルハーモニア管弦楽団の演奏会があるという。地図を見ると,フェスティバルホールは市の中心部を横切っていった先にある。東京で山手線の反対側へは30分かかるという感覚で考えて行くのに4,50分かかると推定し,1時間半前にホテルを出た。しかし実際は,地下鉄で15分ほどであっけなく着いてしまった。後でパリの町も意外と小さいことを知り,東京のばかでかさをあらためて感じた。

 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団の演奏会は若きムーティ指揮で,ショパンのピアノ協奏曲のたぶん第2番(独奏はペライア)とブルックナーの6番というプログラムだった。ショパンはピアノの音がちょっと汚いのが困りものだったが,よく歌っていた。ブルックナーはすっきりさわやかな軽量級。
 フェスティバルホールはロビーがガラス張りで,テムズ河を見下ろすことができる。休憩の時,ちょうど日没が近くなっていて,夕日がテムズを赤く染めていた。横浜の神奈川県民ホールで海が夕日に染まるのを見ると,このときのフェスティバルホールを思い出す。

 翌朝の新聞に演奏会評が載っていて,見出しは「Tempi too urgent」 そうか,tempo の複数形は tempi なのかと思いつつも,なんだか「天火が過熱した」といっているような感じがしてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jul 11, 2007

神保町閉店情報

 神保町の古くからの店の閉店情報が飛びこんできた(私が知らなかっただけだが)ので,「本拠地」の月刊「神保町の昼食」のページ7月号に急遽追加をした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ひだまりさんと入れ替わりに海の向こうに出かけたパパさんが帰ってきたようですね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jul 09, 2007

ミルク・ドレッシング――ロンドンへ 1975

 初めて海外へでかけたのは1975年6月だった。安い航空券を個人でもなんとか買えるようになったころで,友人の知り合いの多少怪しげなブローカーのような人からアエロフロート(ソ連航空)でヨーロッパ往復22万円のチケットを買った。当時の月給の2か月分近い額だが,これでも格安チケットだった。
 成田空港ができる前で,羽田から出発した。飛行機に乗るのも初めてで,窓から佐渡が見えたときは「あ,地図と同じ形だ」と感激した。
 食事では,なぜかやたら固かったけれど一応キャビアが出てきた。ロシア語で表示のある小さな容器に入った白い液体がついていたので,ドレッシングだろうと思って野菜にかけたら,実はコーヒーに入れるミルクだったということがあった。

 当時ソ連の上空を飛んでヨーロッパへ行けるのはアエロフロートだけで,これが所要14時間で最速,他の飛行機はアンカレッジ経由で北極海を飛び,所要16時間だった。(ほかに南回りというのもあり,これは23時間かかった。) ずっとシベリアの上を飛び,モスクワでトランジットがあり,ロンドンのヒースロウ空港に現地時間の夜9時ごろ到着した。日が長い季節で,まだ夕日が落ちていなかった。このとき空港で出会ったのが,ずっと前に書いた「→Man」という掲示である(→参照)。
 空港の案内所で,エアターミナルの近くのホテルを紹介してもらった。十数室のかわいらしいホテルだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 08, 2007

緑一色

 今年4月4日に緑色のヱビスビール「ヱビス・ザ・ホップ」が発売になった。その3日後にスーパーで入手して以来,ひだまりさんには及ばないかもしれないが,愛飲している。
 その前はずっとヱビスの黒の缶を常備していたので,捨てる缶は黒ばかりだったが,「緑化」が進んで,今は緑一色である。

 かつては緑一色と書いてあると「リューイーソー」と読むのが「常識」だった。昔,女性ばかりの弦楽四重奏を聴きに行ったときのこと,ステージに出てきた奏者が青みがかった緑の揃いのドレスだったので,同行の友人が思わず「リューイーソー」と口走り,周りの人がくすくす笑った。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« June 2007 | Main | August 2007 »