« ジョナサン・ミラーズ――『ファルスタッフ』と『ばらの騎士』 | Main | ミルク・ドレッシング――ロンドンへ 1975 »

Jul 08, 2007

緑一色

 今年4月4日に緑色のヱビスビール「ヱビス・ザ・ホップ」が発売になった。その3日後にスーパーで入手して以来,ひだまりさんには及ばないかもしれないが,愛飲している。
 その前はずっとヱビスの黒の缶を常備していたので,捨てる缶は黒ばかりだったが,「緑化」が進んで,今は緑一色である。

 かつては緑一色と書いてあると「リューイーソー」と読むのが「常識」だった。昔,女性ばかりの弦楽四重奏を聴きに行ったときのこと,ステージに出てきた奏者が青みがかった緑の揃いのドレスだったので,同行の友人が思わず「リューイーソー」と口走り,周りの人がくすくす笑った。

|

« ジョナサン・ミラーズ――『ファルスタッフ』と『ばらの騎士』 | Main | ミルク・ドレッシング――ロンドンへ 1975 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/15688593

Listed below are links to weblogs that reference 緑一色:

» 苦話§ヱビス [ひだまりのお話]
店頭になかなか現れずやきもきしていたが、ようやく並びだしたので 購入。 [Read More]

Tracked on Jul 11, 2007 at 09:29 AM

« ジョナサン・ミラーズ――『ファルスタッフ』と『ばらの騎士』 | Main | ミルク・ドレッシング――ロンドンへ 1975 »