« 秋雨のころ | Main | ベームの『フィガロ』の DVD »

Sep 19, 2007

Wangs in New York

 いまニューヨーク・ヤンキースのエースは王健民だが,ニューヨーク・フィルハーモニックの首席オーボエ奏者も王さんである。青島生まれの王亮(Liang Wang)氏,27歳。

 昔,中国では東ドイツの楽器をコピーしたオーボエやファゴットが作られていて,一時日本にも輸入されていた。特にファゴットは,これが当時手に入るいちばん安い楽器であり,「支那竹」という愛称(?)でアマチュアのオーケストラで使われていた。

 ニューヨーク・フィルのホームページにある楽員名簿によると,管打楽器にはほかにアジア系らしい名前はないが,弦楽器にはたくさんいる。ヴァイオリンには Kim さんが4人もいる。姓名とも日本人的な名前は,チェロ,コントラバスに1人ずついる。

|

« 秋雨のころ | Main | ベームの『フィガロ』の DVD »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/16498565

Listed below are links to weblogs that reference Wangs in New York:

« 秋雨のころ | Main | ベームの『フィガロ』の DVD »