« パソコンがご臨終 | Main | 健民用ホール »

Oct 12, 2007

トリスタン 沈黙と奇声

 8日(月・祝)午後,バレンボイム=ベルリン国立歌劇場の『トリスタンとイゾルデ』(神奈川県民ホール)を見た。全体にB氏流の遅いテンポで,休憩を含めて5時間40分以上かかったが,弛緩せず,歌手も好調だった。ただ,美男美女とは言い難い歌手ばかりで,オペラグラスを使う気がしなかった。
 3階の最前列だったので,オーケストラの音が沸き立つように聞こえてきた。歌手とのバランスは多少悪いこともあったが,B氏(暗譜で指揮)の音楽が浸透して,昔の東独時代とは違うタイプの充実ぶりだった。
 最後は,音楽が消えてから10秒近い沈黙が支配した後に,拍手が起きた。

 2幕の終わりの方で,1階下手寄りの客席の方から,男の奇声が2回聞こえた。普通ではないということはわかったが,一瞬なので何がなんだかわからなかった。舞台はもちろん関係なく進行した。かなり大きな声だったので,休憩のロビーでは,もしかしたら元歌手じゃないのかなどという人もいた。
 3幕が始まる前に,件の客は病気であり,2幕のあと帰った,というアナウンスがあった。初体験の珍事である。

|

« パソコンがご臨終 | Main | 健民用ホール »

Comments

あの奇声には驚きました、実際。素晴らしい時を共有できた記念にメッセージを残しておきます。<そういえば、天狗さんは8月に亡くなってしまいましたね。合掌>

Posted by: 夏炉登仙 | Oct 15, 2007 at 05:49 PM

コメントありがとうございます。私は3階席だったので下の方から聞こえ,客席からなのか舞台裏からなのかもわかりませんでした。<RE:天狗さん 天狗さんとの40年前の会話「先生の故郷は東ドイツなんですね」「東ドイツじゃないよ,ドイツだよ」 ドイツ統一を見ることができたのは本当に良かったと思っています。>

Posted by: 家主IIZUKA T | Oct 17, 2007 at 12:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/16737463

Listed below are links to weblogs that reference トリスタン 沈黙と奇声:

« パソコンがご臨終 | Main | 健民用ホール »