« ストリート・ミュージシャンの水準 | Main | パソコンがご臨終 »

Oct 07, 2007

背広の値段

 学生時代に持っていたスーツは,慶弔行事と演奏会出演用の黒服だけだった。「吊るし」(死語か?)で買った安物だが,男はこれひとつで慶弔とも間に合うので,三十ちょっと過ぎまで役に立った。
 これを別にすると,就職する直前の3月に,紺のスーツを「イージーオーダー」で作ったのが,私の「背広始め」だった。支払いは月賦だったが,たぶん初任給の半分以上の値段だったと思う。毎日必ずスーツを着ないといけないという雰囲気はなかったのを幸い,しばらくこの1着ですませた。

 入社した年の暮れとその翌年の暮れに,郷里の横須賀の洋服屋でちゃんとオーダーして背広を作った。オイルショックのころで物価は激しく上がったが給料も上がった。2年目に作った背広は,その上がった月給と同じくらいの値段だった。それが結果的に,これまでのわが人生で買ったいちばん高い洋服となった。
 職人技で作られたその背広は,正しくゆとりがとってあったと見え,十何年か後に数キロ太ってからもちゃんと着ることができた。(その後さすがに色あせして着なくなり,今年の引っ越しのときに廃棄した。その洋服屋の名が入った立派な木のハンガーは今も使っている。)

 その後,バブル崩壊までの絶えざる物価上昇の中でも,背広の値段はほとんど上がらなかった。もちろん,きちんと手間がかかったものは上がっていたのだろうが,既製服の品質が向上してしかも多様になる中で,中ぐらい以下のクラスの背広は三十年前と同じか,むしろ安いくらいである。いま,どの年代でも,月給と同額の背広など,作る人はいないに違いない。

|

« ストリート・ミュージシャンの水準 | Main | パソコンがご臨終 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/16683700

Listed below are links to weblogs that reference 背広の値段:

« ストリート・ミュージシャンの水準 | Main | パソコンがご臨終 »