« 続・神保町の師走 | Main | 年末恒例 »

Dec 29, 2007

DVD『ナクソス』『ドン・カルロス』『3つのオレンジ』

 最近買ったオペラのDVDから――
 まず,ベーム,グルベローヴァ,ウィーン・フィルの『ナクソス島のアリアドネ』。サンユスト演出・装置の舞台(プレミエは76年)を基にしているが,舞台ではなくセットで撮影した「映画仕立て」で,1978年の収録だから,80年の日本公演より前である。グルベローヴァは収録時32歳,テノール歌手/バッカスのルネ・コロも40代初めで,姿も声も若々しい。先に書いた『フィガロ』と共に,ウィーン国立歌劇場日本公演の思い出につながる。
 字幕は中国語があるのに日本語はない。

 次はパッパーノ指揮パリ・シャトレ座のフランス語5幕版の『ドン・カルロス』(小学館の「魅惑のオペラ」シリーズの13)。5幕版はナマで見たことがなく,昔LPを持っていたような気がするが,映像を見たのは初めて。96年収録。
 第1幕がフォンテンブローの森で出会う場面で,広い森の中でどうしてこう都合良く出会って,そこへ都合良く王との結婚に「変更」の知らせが来るのだろうと思わないでもないが,ドラマ全体は首尾一貫する。
 タイトルロールはアラーニャでこれはもちろん若いが,エリザベート役はたいして年は違わないのに老け顔で損をしている。

 もうひとつはケント・ナガノ指揮リヨン歌劇場の『3つのオレンジへの恋』。1月末にマリインスキーオペラが上演するので,予習用に買った。プロコフィエフの乾いたユーモアが,こうした寓話劇にはもっとも効果をあげる。

|

« 続・神保町の師走 | Main | 年末恒例 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/17511221

Listed below are links to weblogs that reference DVD『ナクソス』『ドン・カルロス』『3つのオレンジ』:

« 続・神保町の師走 | Main | 年末恒例 »