« ドレスデンの『サロメ』 | Main | ショルティの『指輪』とジョン・カルショーの手記 »

Dec 03, 2007

カキフライ始めました

 東海林さだおが書いていたように,飲食店の「…始めました」という貼り紙は,都会で季節感を感じさせる重要な存在である。11月には,多くの店でカキフライ,鍋物などが始まった。
 今シーズンの神保町の昼食では,まず「ムガールマハール」(五十通り;小川町3-7)のカキカレーを食べた。カキは,フライではなく,たぶん薄い衣をつけて炒めたものだと思う。インドにカキはなさそうな気がするが,なんでも入れてしまうのがカレーのおもしろいところ。
 続いては「鷹ばん」(駿河台3-3)である日,かき味噌せいろというのがあったので飛びついた。せいろ飯にカキがのり,八丁味噌のたれがかけてあった。カキと味噌の組み合わせは土手鍋でおなじみだが,八丁味噌との組み合わせは新鮮だった。(以上2軒とも日替わりのメニューのひとつなので,毎日あるわけではない。)
 「翠園」(錦町1-14)では以前はカキと野菜のうま煮風の炒め物が楽しみだったのだが,2006年以降,登場しなくなってしまった。

~~~~~~~~~~~~~~~~
 「本拠地」の「神保町の昼食の章」に昼食ニュース12月号を掲載した。初訪問の店が9軒というのは新記録である。

|

« ドレスデンの『サロメ』 | Main | ショルティの『指輪』とジョン・カルショーの手記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/17261536

Listed below are links to weblogs that reference カキフライ始めました:

« ドレスデンの『サロメ』 | Main | ショルティの『指輪』とジョン・カルショーの手記 »