« 舞うか,東洋のタクト | Main | 中島敦と岩田一男 »

Dec 20, 2007

死のアリアによる変奏曲

 ミステリーをあまり多く読んでいるわけではないが,クラシック系の音楽家・音楽界が出てくるものでおもしろかったものに,ポール・マイヤーズ(Paul Myers)の2冊

  『死の変奏曲』創元推理文庫 1989
  『死のアリア』創元推理文庫 1990

がある。イギリス情報部から足を洗って音楽マネージャーとなったマーク・ホランドを主人公とするシリーズである。ミステリーとしては,前に書いたトマス・ハウザー『死のシンフォニー』より正統的で,すぐれたエスピオナージュである。登場する音楽家の行動や発言が実にリアルで,生き生きしていると思ったら,それもそのはず,訳者の解説によると,作者はかなり高名なレコード・プロデューサーだという。
 いま手元に『死の変奏曲』の方がなくて確認できないが,この本の解説を書いていたのが,推理小説作家の息子でかつ音楽評論家というまさに「適役」のYR氏だったと思う。

 このシリーズは,90年当時,すでに5点が出ていたとのことだが,翻訳が出たのは上記の2冊だけのようである。

(参考情報:音楽ミステリーのかなり完備したリストはここ

|

« 舞うか,東洋のタクト | Main | 中島敦と岩田一男 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/17424939

Listed below are links to weblogs that reference 死のアリアによる変奏曲:

« 舞うか,東洋のタクト | Main | 中島敦と岩田一男 »