« 19世紀のダイアリー | Main | マリインスキー『3つのオレンジへの恋』 »

Jan 27, 2008

川辺の道――錦川鉄道の旅

 広島で用事が済んだ翌日,山口県東部の山の中を走る錦川鉄道に乗りに出かけた。錦川鉄道はJR岩徳線の岩国から出発するが,途中の御庄(みしょう)駅が新幹線の新岩国のすぐ近くなので,まず新岩国へ向かった。
Img_0762
 広島からの「こだま」は,半ば回送なのだろうか,なんと16両編成の豪華こだまだった。18分で新岩国着。車内のアナウンスでは,錦川鉄道は無視されていて乗り換え案内はなかったが,降りるとちゃんと案内板があった。乗り換えは時刻表では「徒歩7分」となっているが,新幹線の高架脇を歩いて3,4分で御庄駅着。道路からは階段を上がるとホームの中央に出るようになっていて,さすがに元国鉄らしくホームはけっこう長い。しかし,減便の弁明の張り紙がさびしい。

 8:46発の下りに乗る。「せせらぎ号」という1両のワンマン車で,開業20周年のヘッドマークをつけていた。乗ってきた乗客は1人,そこに私ともう1人加わった。
 次の駅は「しゅうちかさがみ」と書いてある。「しゅうち」というのは衆知でも羞恥でもないだろうし何だろうと思ったら「守内」という重箱読みだった。この後も,南河内(みなみごうち),行波(ゆかば),南桑(なぐわ),柳瀬(やなぜ)など,一癖ある読み方の駅名が多い。
Img_0767

 右手にずっと錦川が並行する。途中で日がさしてきて,川が緑色に輝いている。線路は川にほぼ忠実に沿っていて,短い古いトンネルがけっこう多い。途中の北河内(きたごうち)で上り「じゃくち号」と交換があった。
 9:35 終点の錦町着。乗客は多少の出入りがあったが,最後は4人だった。
Img_0783
 この線は,元は国鉄の岩日(がんにち)線で,岩国から日本海岸の日原を目指していた。錦町から先もかなりの部分は路盤ができていたらしい。
Img_0772_2 錦町駅は有人駅だった。駅構内には乗ってきたせせらぎ号以外に車両が3両止まっていた。改札を出ると,狭いスペースいっぱいに地元の産品を並べた店になっていた。

 同じせせらぎ号で折り返して 9:47 発。乗客は最初が9人で,平均年齢はたぶん六十を超えていたが,やがて中学・高校生も少し乗ってきた。
 家々の瓦がつややかである。色は黒が多いが,オレンジ色がかった茶色や青もあり,山間の冬でも雰囲気は明るい。北河内でまた「じゃくち号」と交換する。
 最初に乗った御庄を過ぎ,次の川西で錦川鉄道の区間は終わってJR岩徳線に入る。岩徳線の沿線の町はさすがに大きい。乗客は次第に増えて,最後は25人ぐらいになり,山陽本線と合流する岩国駅には 10:52 に着いた。

|

« 19世紀のダイアリー | Main | マリインスキー『3つのオレンジへの恋』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/17866760

Listed below are links to weblogs that reference 川辺の道――錦川鉄道の旅:

« 19世紀のダイアリー | Main | マリインスキー『3つのオレンジへの恋』 »