« テレビニュースのテーマ曲 | Main | ドレスデンの響き »

Jan 06, 2008

『神田村通信』

 昨年最後に読み終えた本は鹿島茂『神田村通信』(清流出版)だった。雑誌・新聞に連載した短いエッセイを中心にまとめたもので,『東京人』などに載ったものは読んだことがあったが,大部分は目にしたことがないものだった。
 鹿島先生のエッセイに接するときにはいつも同世代としての勝手な連帯感があるが,著者の書庫・仕事場のある神田神保町についての話には特に,「うん,そうだよな」「あ,そうだったのか」などと心中相づちをうちながら読んだ。今回初めて知って「うん,そうだよな」と思ったのは,神奈川県の京浜急行沿線からの遠距離通学・通勤の話題だった。
 フランス文学をベースにした蘊蓄を傾けるときとは別の表情がうかがえた。

|

« テレビニュースのテーマ曲 | Main | ドレスデンの響き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/17594555

Listed below are links to weblogs that reference 『神田村通信』:

« テレビニュースのテーマ曲 | Main | ドレスデンの響き »