« 川辺の道――錦川鉄道の旅 | Main | マリインスキー『イーゴリ公』 »

Feb 09, 2008

マリインスキー『3つのオレンジへの恋』

 今年のマリインスキー・オペラ(サンクト・ペテルブルク)は,4演目のうち『3つのオレンジへの恋』『イーゴリ公』を見た。
 『3つのオレンジ』を見るのは初めてで,先日買ったDVDをざっと見たが,有名な行進曲以外は何も印象に残らないまま当日となった。プロコフィエフの実演に接するのは3曲目で,いずれもこの団体(旧称はキーロフ・オペラ)だったが,今回は初めての喜劇である。会場は上野。

 場内が暗くなって,客席の通路でなにやら制服の男たちが立ち騒ぐのが開演だった。その後も随所で人が客席に(2階センターや3階サイドの席にも)現れる。ミュージカルのように,ピットの前縁に花道が作られていた。
 物語は基本的にコメディアデラルテの定型によっている。おしゃれな色彩の抽象的な舞台装置の中で,大柄の歌手も軽快に走り回っていた。3人の「姫」がいずれも見目形の良い歌手だったのも吉。
 料理女役がバス歌手というのはプロコフィエフのおもしろいアイディア。ズボン役の逆だからスカート役とでもいうべきか。プロコフィエフの音楽は喜劇に合っているようだ。

 前回2006年のこのオペラの公演は過密日程の「圧縮リング」だったが,今回も9日間に4演目を全部で9回公演,しかも2月2日は昼夜違う演目を場所を移動しての上演だった。

|

« 川辺の道――錦川鉄道の旅 | Main | マリインスキー『イーゴリ公』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/40052571

Listed below are links to weblogs that reference マリインスキー『3つのオレンジへの恋』:

« 川辺の道――錦川鉄道の旅 | Main | マリインスキー『イーゴリ公』 »