« ケルンとローマ | Main | 厚揚げストーリー »

May 11, 2008

鳩山会館・野間記念館・あしかが・ベニバナトチノキ

 連休中のある日,文京区音羽の鳩山会館に出かけた。鳩山一郎はじめ,五代にわたって政治家を排出してきた鳩山家の邸宅を修復したものである。地下鉄有楽町線の江戸川橋から護国寺方向へ進んだ右側に門があり,坂を上がっていく。Img_1080
 1924年,関東大震災の翌年完成した建物で,旧岩崎邸(池之端)よりスケールは小さいが,内外装とも落ち着いていて趣味の良い邸宅である。2階には鳩山薫子,鳩山威一郎の記念室もある。庭は西洋風の一部を和風にしたような感じで,ツツジが品良く咲いていた。庭に面した1階の部屋では無料の緑茶(給茶器によるものだが一応香りがあった)が飲める。Img_1084

 鳩山会館のあとは,野間記念館に行った。江戸川橋方向に戻ってから目白坂を上がり,椿山荘を過ぎたところにある。講談社の創業者・野間清治のコレクションを展示する美術館で,横山大観とその周辺の画家の展示をやっていた(これは5月18日まで)。大観もいいが,小杉放菴など6人の十二ヶ月図がおもしろかった。
 記念館の玄関の前の植え込みにベニバナトチノキがあって,少しピンクがかった淡い朱色の花を咲かせていた。ベニバナトチノキは神田神保町のすずらん通りにあって,会社の先輩に木の名を教わった。(「本拠地」の「神保町の昼食の章」の「神保町昼食ニュース」2000年6月号参照)

 その数日後,こんどは栃木県足利市のあしかがフラワーパークで,ベニバナトチノキにまた巡り会った。最初は別のところに行こうとしていたのだが,駅のポスターを見て方向変更した。こういうとき Suica はありがたい。Img_1132
 藤色・白・黄色のフジが盛りを迎え,1年分を2週間で稼ぐというほどではないかもしれないが,大賑わいだった。ここは入場料が「変動相場制」で,季節・天気・花の咲き具合によって変動する。後で見たホームページによると,料金は当日朝7時に決めるとのこと。Benibanatochinoki0805a
 フジのほかにツツジやクレマチスなどが所狭しと咲いていたが,そこに混じってベニバナトチノキがあった。これが,都内の何か所かで見たものよりずっと色が濃くて,新緑の中で鮮やかだった。

|

« ケルンとローマ | Main | 厚揚げストーリー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/41168208

Listed below are links to weblogs that reference 鳩山会館・野間記念館・あしかが・ベニバナトチノキ:

« ケルンとローマ | Main | 厚揚げストーリー »