« 鳩山会館・野間記念館・あしかが・ベニバナトチノキ | Main | ある日記 »

May 17, 2008

厚揚げストーリー

 豆腐はどういう料理でも好きだが,つまみとしていちばん愛用している豆腐家族のメンバーは厚揚げである。これは,私の母語では「生揚げ」であり,今もおでん屋では生揚げと呼ばれることが多いような気がするが,飲み屋での名称は圧倒的に「厚揚げ」である。
 神田駿河台3丁目,三井住友海上の南側の地域には良い和食店がいろいろあるが,その一つのの「藍」で,先日昼に「本日の定食」を食べた。そのおかずに厚揚げが入っていたのだが,これがなんと注文を受けてから豆腐を揚げて作っていた。ざるの上に水切りした豆腐が並んでいて,定食の注文があるとその1丁を縦長の半分に切って,衣をつけて揚げるのである。揚げている時間は長いわけではないが,揚がってから薬味を添えたりするし,もちろん他のおかずを並行して用意するわけで,その手のかけ具合は申しわけなくなるほどだった。

 飲み屋では厚揚げは網で焼くから「焼きもの」だが,池袋の大衆的な居酒屋では厚揚げは「揚げもの」に分類されている。ただし,豆腐を揚げているわけではなく,既製品の厚揚げをさらに揚げているもので,これはこれでうまい。安いつまみなのに,ありがたい。
 厚揚げの薬味は,ネギ,ショウガ,かつおぶしが定番だが,店によっては大葉やミョウガが加わる。同じく池袋のでは,5月になって店長が交代したのをきっかけに,ありがたいことにメニューに厚揚げとポテトサラダが登場した。ここの厚揚げは薄い直角三角形のものを4片串に刺して網で焼き,ネギ,かつおぶしのほかにちょっと酸味を加えた味噌が添えられている。これもなかなか乙なものだ。

|

« 鳩山会館・野間記念館・あしかが・ベニバナトチノキ | Main | ある日記 »

Comments

今日の酒の肴は“炙り油揚”でした。豆腐の類が肴として切れることなどありません。

呑みに行く店で一軒、新橋の“ビアライゼ98”は手造り厚揚げを出していますが、素揚げではなくて片栗粉の、いわゆる揚げ出し風だったりします。

Posted by: HIDAMARI | May 19, 2008 at 09:54 PM

コメントありがとうございます。私のよく行く店数件のメニューには油揚げ(薄揚げ)を使ったものはなくて,ちょっと残念です。

Posted by: 家主IZK | May 23, 2008 at 08:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/41238482

Listed below are links to weblogs that reference 厚揚げストーリー:

« 鳩山会館・野間記念館・あしかが・ベニバナトチノキ | Main | ある日記 »