« 田原本線――スルッといかない近鉄線 | Main | ケルンとローマ »

May 05, 2008

おおさか東線初乗り

(承前)
 JR王寺駅は関西本線(大和路線)と和歌山線が合流する要衝で,構内は広大である。近鉄とJRは競合関係にあるが,おもしろいことにホームに近鉄の広告があった。Img_1063

 大和路線の快速は6両編成,かなり混雑していた。ノンストップ12分で久宝寺着。3月15日に開通したばかりのおおさか東線のホームへ行く。しかし,時間になっても前の電車が居座って動かない。やがてアナウンスがあって「飛来してきた布団が電車に接触,現在運転を見合わせております」という。「布団が飛来する」という発想はなかったから最初「飛来」ということばが聞き取れず,何度か繰り返されてやっとわかった。

 結局5分の遅れで発車した。旧山手線の緑色の電車で,おおさか東線区間のみを学研都市線の放出(はなてん)まで走る。おおさか東線は貨物線の線路をかなりの部分流用したもので,全部で9.2キロ,途中駅は5つ。このあと新大阪まで建設される予定になっている。Img_1066
 出発してまもなく高架となり,以後ずっと高架を行く。5つの途中駅のうち,3つに駅名に「JR」がつく。近鉄の駅が先にあったためだろう。連続する3駅の真ん中のJR俊徳道では,ひらがなの表示「じぇいあーる」が3つ並んでいた。Img_1067

 高架で見晴らしはいいが,要するに都会の景色でなんということはない。ただ,電車の窓が横長のワイドスクリーン形なのはちょっと新鮮だった。終点の放出はJR東西線の行き先のひとつとなって駅名を読めるようになった。14分でその放出着,4月3つめの新線初乗りとなった。

|

« 田原本線――スルッといかない近鉄線 | Main | ケルンとローマ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/41095331

Listed below are links to weblogs that reference おおさか東線初乗り:

« 田原本線――スルッといかない近鉄線 | Main | ケルンとローマ »