« ベルリン国立歌劇場1977 (1)――70/80年代の外来オペラ | Main | 客家料理の系譜――西巣鴨「来佑」 »

Jun 11, 2008

ベルリン国立歌劇場1977 (2)――70/80年代の外来オペラ

承前
 『フィガロの結婚』は,NHKホールを避けて上野の1月29日夜にした。この日は昼夜2回『フィガロ』という大変な日で,スウィトナーはすでに帰国していて,指揮はハインツ・フリッケという人だった。
 1974年バイエルンの『ワルキューレ』でヴォータンを歌ったテオ・アダムがこの公演の演出をつとめ,かつ自ら伯爵を歌った。伯爵夫人がアンナ・トモワ=シントウ,フィガロがジークフリート・フォーゲルという布陣だった。『フィガロ』を見るのは初めてだったので,一生懸命予習をしたつもりだったが,2幕・3幕のドタバタはけっこう複雑だし,4幕は夜の場面でしかも変装があり,ストーリーの展開を追うのがなかなか難しかった。それでも,チェンバロの伴奏によるレシタティーヴォをはさみながら,歌と芝居がテンポ良く運んでいく喜劇を楽しんだ。

 このベルリン国立歌劇場の招聘元は総合文化社という会社だった。当時の最大手の「呼び屋」は新芸術家協会で,ウィーン・フィルやベルリン・フィルの招聘を次々に手がけていたが,総合文化社は,その新芸術家協会に追いつけ追い越せとばかりに急速に事業を拡大していた。プログラムの冒頭に同社社長のあいさつがあり,そこでは7年間このオペラの日本公演の実現にすべてをかけてきたことについての感慨を述べ,最後を「苦難の状況の中で協力し続けてくれた総合文化社の仲間にも厚くお礼を述べたい」と,異例の身内への言葉で結んでいる。
 また,プログラムの後ろの方には

  とうとう日本にやってくる
   ウィーン国立国民歌劇場(フォルクスオーパー)
     1978年8月~9月
     指揮(予定):カルロス・クライバー
             オトマール・スウィトナー

という予告が出ている。
 しかし,ベルリン国立歌劇場でよほど無理をしたと見えて,総合文化社は1977年秋にあえなく倒産してしまう。11月から12月にかけて予定されていた同社主催のズビン・メータ指揮ロサンジェルス・フィルハーモニーの公演は中止になった(メータは結局,単身来日して読響を指揮した)。ウィーン・フォルクスオーパーの初来日は延びて1979年になった。
 さらにその4年後の1981年,業界トップとして強気の商売をし,高額の入場料で非難を浴びていた新芸術家協会も,ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィルハーモニーの来日中止をきっかけに倒産した。
  (この項終わり)

|

« ベルリン国立歌劇場1977 (1)――70/80年代の外来オペラ | Main | 客家料理の系譜――西巣鴨「来佑」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/41504029

Listed below are links to weblogs that reference ベルリン国立歌劇場1977 (2)――70/80年代の外来オペラ:

« ベルリン国立歌劇場1977 (1)――70/80年代の外来オペラ | Main | 客家料理の系譜――西巣鴨「来佑」 »