« ビアフェス2008 | Main | バイエルン国立歌劇場1974 (3)――70/80年代の外来オペラ »

Jun 03, 2008

旭化成,東京堂書店――神保町の5月

 神保町三井ビルでは,仮住まいしていた会計検査院が12月に退去したあとけっこう長い改装工事を経て,5月19日に旭化成グループの本社がオープンした。まだ入居していない部門もあるようだが,全体では1階から9階と14階の広大な面積を占め,近く勤務人口は2000人になるという。神保町随一の大企業の到来である。

 東京堂書店が数日休業してリニューアルし,5月16日に開店した。基本的な構造は変わらないが,通路を広げて余裕を持たせている。

 東京堂を話題にしようとして,久しぶりに思い出したことがある。
 80年代後半か90年代前半ごろのこと,たぶん毎日,たぶん昼前からかなりの時間,東京堂書店の3階のすずらん通りに面した窓のそばにじっとたたずみ,カーテンに隠れるようにして下を見ている小柄な男がいた。ただ立ってじっとしているだけで,他人に特に迷惑になるようなこともない。
 当時,社内の少なくとも数人と目撃談を交換した覚えがあり,おそらく半年とか1年というような期間続いたと思う。心理派ミステリーのネタになるかもしれない,などと思った。

|

« ビアフェス2008 | Main | バイエルン国立歌劇場1974 (3)――70/80年代の外来オペラ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/41411893

Listed below are links to weblogs that reference 旭化成,東京堂書店――神保町の5月:

» 街話§J街通信[42]旭化成がやってきた [ひだまりのお話]
旭化成が神保町に移転してくるという情報をキャッチしたのはここ。 [Read More]

Tracked on Jun 22, 2008 at 10:34 AM

« ビアフェス2008 | Main | バイエルン国立歌劇場1974 (3)――70/80年代の外来オペラ »