« 薩摩鉄道紀行   (3) 西大山,開聞岳,そして枕崎 | Main | ホルスト・シュタイン氏の死去 »

Jul 30, 2008

薩摩鉄道紀行   (4) 肥薩オレンジ鉄道

 翌日は,新幹線開通と共にJRから切り離された肥薩オレンジ鉄道と,その前後の鹿児島本線に乗ってみることにした。トンネルだらけの新幹線とは対照的に,海の眺めがすばらしいことは,10年ほど前に体験済みである。
 窓口で,鹿児島中央―(JR)―川内―(肥薩オレンジ)―八代―(JR)―熊本という切符を買おうとしたのだが,かなり手間取ったあげく1枚では発券されず,八代を境に2枚に分かれた。元々1本の道なのに,こういう切符を買う人は少ないようだ。

 9:39 土日運転の快速「オーシャンアローさつま2号」出水行きで出発。肥薩オレンジ鉄道の車両で,1両のワンマン運転である。リュックを背負った少年をお母さんと妹が見送っていた。いかにも夏休みという風景である。
 足のような形の薩摩半島の足首のところを2駅のみの停車で横断し,10:24 川内(せんだい)着。ここから肥薩オレンジ鉄道となる。運転士が交代し,アナウンスが丁寧になった。約20人の乗客で出発。
Img_1450
 川内から,新幹線は山の中を出水へ直行するが,こちらは海岸沿いを走る。川内を出て10分ちょっとで,左手に青い天草灘が広がった。西方の手前の「人形岩」が見えるところで停車して,運転士から説明があった。
 阿久根でリュックの少年が下車し,おじいさん・おばあさんの出迎えを受けた。他の客もかなり入れ替わる。
 車内には,肥薩オレンジ鉄道の「このままでは(経営が)危機的」という広告があった。沿線の30万人が年に1回乗ることを訴えている。それほど乗客が少ないということだろう。少ないところだけを切り離したのだから当然なのだが。広告もなかなか集まらないと見えて,車内の広告も自社のものが多い。
 次の折口で海と別れ,11:21 この快速の終着駅・出水に到着した。隣にそびえる新幹線の駅の方へ行って駅弁を買う。

 11:40 あとからやってきた各駅停車で出発。次の米ノ津(こめのつ)では長いコンテナ貨物列車との交換があった。在来線がないと物流は不可能だということをあらためて知らされた。
 左手に再び美しい海,こんどは八代海が見える。薩摩から肥後に入った。最後は乗客40人ほどで,終着の八代に 13:01 着。ここから再びJR鹿児島本線に熊本まで乗り,4時間あまりの在来線の旅を終えた。

|

« 薩摩鉄道紀行   (3) 西大山,開聞岳,そして枕崎 | Main | ホルスト・シュタイン氏の死去 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/42010023

Listed below are links to weblogs that reference 薩摩鉄道紀行   (4) 肥薩オレンジ鉄道:

« 薩摩鉄道紀行   (3) 西大山,開聞岳,そして枕崎 | Main | ホルスト・シュタイン氏の死去 »