« バイリンガル――夏の思い出 | Main | 第4のコース――アナログ以前の水泳 »

Aug 13, 2008

バイロイト,ビール,お盆――夏の3B

 夏はふらんすものいとをかし 蔵人どびゅっし涼しげにてさらなり――

 一方で,夏といえばワグナー@バイロイト。もっとも,バイロイトの夏はさわやかなのだろうなと想像ずるばかりだが。
 しかし,ワグナー=バイロイトといえば年末,という感覚も,わずかに残っている。今はネット経由のラジオでナマで聞くこともできるが,かつてはバイロイトといえば年末の NHK FM での放送で聞くものだったからである。オープンリールのテープデッキで録音に励んだりもした。

 夏といえばビール。冬でもビールを飲んでいるので,ビールの消費量が夏冬で何倍も違うということはないが,やっぱり夏は問答無用でビール。
 夏の夕方,暗くなってきてやっと少し風が涼しくなったころ,きちんと管理された真っ当な生ビールを飲む楽しみは,やはり何物にも代え難い。

 かつては,夏の始まりはお盆だった。どういう地域分布なのかは知らないが,少なくとも東京近辺では,お盆は元々7月15日である。子供のころ,わが家では,お盆には提灯を出して仏壇の脇に置き,お坊さんがやってきてお経を上げた。先日も,今春不幸があった伯父の家の新盆(にいぼん)に際し,親戚で提灯代を集めて持って行った。
 しかし,先祖の霊を迎える伝統行事としてのお盆は急速に衰退し,いつのまにかお盆といえば旧盆で,その時期が企業の夏休み,すなわち帰省の季節ということになった。
 神保町でも今日13日から夏休みという店が多い。今週は全部休みという店もけっこうある。

|

« バイリンガル――夏の思い出 | Main | 第4のコース――アナログ以前の水泳 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/42156597

Listed below are links to weblogs that reference バイロイト,ビール,お盆――夏の3B:

» 節話§立秋と旧暦のお盆 [ひだまりのお話]
生まれてからずうっと8月の旧盆でやってきて、それが習い性になっ ている。新暦のお盆と旧暦のお盆、比率はどんなものなのだろうか。 [Read More]

Tracked on Aug 13, 2008 at 08:35 PM

« バイリンガル――夏の思い出 | Main | 第4のコース――アナログ以前の水泳 »