« 薩摩鉄道紀行   (4) 肥薩オレンジ鉄道 | Main | 運転再開 »

Aug 01, 2008

ホルスト・シュタイン氏の死去

 7月29日の夕刊に,名指揮者ホルスト・シュタイン氏の訃報が載った。享年80歳。
 N響で数々の名演を聞いたのだが,手元にオペラ以外の演奏会の記録がある86年以降では,95年2月の『オランダ人』全曲,98年2月の『パルシファル』第3幕しかない。とすると,たくさん聞いたのは,初来日の1973年から85年までの間ということになる。

 一時は毎年2月ごろにやってきたように思う。1973年当時はN響の定期会員だったが,その後定期会員をやめてからも,シュタイン指揮のときには当日券でしばしば出かけた。どっしりした低音に支えられた響きが3階席まで届いた。
 ワグナー名曲集が何度かあり,その中の『オランダ人』の水夫の合唱の途中の踊りのところで,左に右に足を踏み出して「踊っ」ていた姿を思い出す。
 指揮者とは関係ないが,上記95年の『オランダ人』のときは,第3トロンボーン奏者が開演直前に倒れ,急遽チューバの多戸さんがトロンボーンの譜面も並べて代役をつとめた。たくさん演奏会に通っているが,こうした形での管楽器奏者の欠場はこれが唯一の経験である。

 オペラの指揮に接したのは,1980年のウィーン国立の来日公演『サロメ』1回である。80年代後半以降,もし体調が良かったら,もっとシュタイン指揮のオペラを見ることができたのだろうに,と思う。

|

« 薩摩鉄道紀行   (4) 肥薩オレンジ鉄道 | Main | 運転再開 »

Comments

 プライのベックメッサーとならんで忘れられません。
実演で聴いたのはN響が京都遠征したときの。。。。
あれは、ベートーヴェンのピアコン5番だったか、
チャイコの5番だったか。う〜ん、感動したことと、
あのオデコさんはよく覚えてるんだけど。

Posted by: リンデ | Aug 04, 2008 at 07:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/42028054

Listed below are links to weblogs that reference ホルスト・シュタイン氏の死去:

» 悼話§ホルスト・シュタインさん(指揮者) [ひだまりのお話]
ホルスト・シュタインを実演で聴いたのは確か2回だったかと思う。 どちらもN響の定期でのこと。 [Read More]

Tracked on Aug 01, 2008 at 08:15 PM

« 薩摩鉄道紀行   (4) 肥薩オレンジ鉄道 | Main | 運転再開 »