« 横須賀から北京へ その後 | Main | 顔と名前,目の色・髪の色 »

Sep 13, 2008

双頭の鷲の旗の下に

 中学の吹奏楽で初めて演奏したマーチは「双頭の鷲の旗の下に」だった。「双頭の鷲」がハプスブルク家の紋章であることはレコードの曲目解説で知ったが,もちろんハプスブルク家が何かは知らなかった。
 作曲者はフランツ・ヨーゼフ・ヴァグナーというオーストリアの軍楽隊長。調べたところ,マーラーとほぼ同時代を生きた人で,このマーチの発表は1893年,その名もフランツ・ヨーゼフ1世の治世である。
 
 このマーチは,イントロが16小節もあるのがユニークな点である。ほかにこれと同じぐらいのイントロを持つマーチは「ロレーヌ行進曲」(ガンヌ)ぐらいか。
 質実剛健という感じのタイケの「旧友」などに比べると,流麗で優雅さもあることは,中学生にも感じられた。

|

« 横須賀から北京へ その後 | Main | 顔と名前,目の色・髪の色 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/42459500

Listed below are links to weblogs that reference 双頭の鷲の旗の下に:

« 横須賀から北京へ その後 | Main | 顔と名前,目の色・髪の色 »