« ジャン・フルネ逝去 | Main | ウィーン・クラシックス »

Nov 06, 2008

オバマとケネディ

 マーティン・ルーサー・キング Jr.牧師の演説 "I have a dream" から45年,米合州国初の黒人大統領が誕生した。ずっとオバマ氏(ATOK君は当然「小浜市」としか変換しない)優勢が伝えられてはいたが,それがついに現実のものとなって,アフリカ系住民が喜びを爆発させる姿が感動的だった。
 オバマ氏はプロテスタントだが,イスラム教徒の父親に由来すると思われる Hussein をミドルネームに名乗っている点でも,特異な存在である。

 "I have a dream" と同じ年1963年の11月22日(日本時間では23日朝),初めて米国からテレビ映像の衛星生中継実験が行われることとなっていた。中学生だった私は,早起きしてテレビ(モノクロ!)をつけた。米国側の衛星中継基地のパラボラアンテナの映像が映っていて,ああ,ずいぶん鮮明に見えるんだなと思った。
 予定ではたしか,大統領のメッセージが送られてくることになっていた。しかし,アナウンサーが妙に押し殺したような調子でなにか言っている。初めての生中継で飛び込んできたのは,よりによってケネディ大統領暗殺のニュースだったのである。

 これを書いていて,100年違いで共に暗殺されたケネディとリンカン両大統領をめぐる偶然の符合のことを思い出した。
 試しにネットを検索してみたら,Wikipedia 日本版にちゃんと「リンカーン大統領とケネディ大統領の共通点」という項目があった。しかし,多くの偶然の中の「白眉」だと思っていた「ケネディの秘書がリンカン,リンカンの秘書がケネディだった」という点については,リンカンの秘書にケネディという人がいたという記録はない,とされていて,ちょっとがっかり(?)した。

|

« ジャン・フルネ逝去 | Main | ウィーン・クラシックス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/43029994

Listed below are links to weblogs that reference オバマとケネディ:

« ジャン・フルネ逝去 | Main | ウィーン・クラシックス »