« ウィーン国立歌劇場 日本公演100回 | Main | オバマとケネディ »

Nov 04, 2008

ジャン・フルネ逝去

 ジャン・フルネ氏が95歳で亡くなったことが,今日11月4日の夕刊で報じられた。
 フルネ氏の端正な指揮には,70年代後半から,主に東京都交響楽団での演奏に接してきた。最初のころの演奏では,ドビュッシーの「海」が特に印象に残っている。演奏のあと,チェロ全員を立たせて,「健闘」を称えていた。
 最後に聞いたのは2004年4月で,ショーソンの交響曲を聞いた。演奏機会の少ないこの曲をフルネ氏の指揮で聞くことができたのは,まことに貴重な体験だった。
 2005年1月に都響の600回定期を振ったあと,601回ではリハーサルの途中で倒れ,本番は指揮者なしの演奏会となった(→参照)。その後回復して,同年12月の演奏会が「世界最後の引退公演」(都響ホームページ)となった。

|

« ウィーン国立歌劇場 日本公演100回 | Main | オバマとケネディ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/43014509

Listed below are links to weblogs that reference ジャン・フルネ逝去:

« ウィーン国立歌劇場 日本公演100回 | Main | オバマとケネディ »