« 夢から覚めるとき | Main | シューベルト晩年の長い曲 »

Feb 21, 2009

台湾の旧聞トリビア

 ブログには書かずじまいになっているが,2007年1月に台湾へ行った。1986年1月以来の訪問だった。21年前にはなかった地下鉄やMRTに乗って,台北市内・郊外を歩いた。
 故宮博物館にも行った。リニューアルがそのときはまだ完了していなかったが,主要部分は見ることができた。展示されている物の量は少なくなったが,時代別の見やすい展示になっていた。
 その年の秋,仕事上のある会合で,顔見知りの人に「あの,正月に故宮博物館にいらっしゃいませんでしたか」と話しかけられた。広い展示室の離れたところにいたので,そのときは声をかけなかったという。

 ところで,台湾で気づいたトリビア:
◇横断歩道の歩行者用信号は,青信号のとき,人のマークがアニメ状に歩くようになっている。そして,赤に変わる少し前になると,アニメの速度が速くなって,走り始める。
◇マクドナルドは「麥當勞」と書く。
◇台北のコンビニでいちばん多いのは「全家」,すなわちファミリーマートである。
◇書店で,前年の話題の書,酒井順子『負け犬の遠吠え』の翻訳が売られていた。タイトルは『敗犬推薦,熟女必読』

|

« 夢から覚めるとき | Main | シューベルト晩年の長い曲 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/44128771

Listed below are links to weblogs that reference 台湾の旧聞トリビア:

« 夢から覚めるとき | Main | シューベルト晩年の長い曲 »