« over 90 の飲み友だち | Main | 台湾の旧聞トリビア »

Feb 20, 2009

夢から覚めるとき

 かつてある同僚は,当時四十を過ぎていたが,学校で試験ができなくてあわてる夢をときどき見ると言っていた。しかししばらくすると,あれ,オレは卒業して就職したよなあ,これは夢に違いない,と「気づく」のだという。落語の「芝浜」は現実を夢だと思わされてしまう話だが,彼の場合は夢が夢とわかるというわけである。
 私の場合は,試験の夢はほとんど見ないが,自分が出演する演奏会の本番前にドタバタする夢をときどき見る。楽屋に忘れ物をしたり,楽器やリードがおかしくなったり,黒の上着が行方不明になったり,と言葉にするとありそうなことだが,これが実に妙な状況・組み合わせで立て続けに起きるので,いくらなんでも変だと思ったとたんに,かろうじて本番が始まる前に目が覚める。
 そういえば,ディズニーの短編アニメで「ミッキーのオーケストラ」というのがあった。まさに本番前の楽屋でのドタバタがネタで,最後は楽屋からのエレベーターが落下していく。

|

« over 90 の飲み友だち | Main | 台湾の旧聞トリビア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/44118010

Listed below are links to weblogs that reference 夢から覚めるとき:

« over 90 の飲み友だち | Main | 台湾の旧聞トリビア »