« スカラ座1981 (2)――70/80年代の外来オペラ | Main | 「異稿・編曲」CDの本 »

Jun 26, 2009

ミュージシャン その音楽と死

 26日朝のTVニュースが,「マイケル・ジャクソンさんが亡くなりました」とトップ記事扱いで報じた。
 それで思い出したのは,エルヴィス・プレスリーとジョン・レノンのことである。前にも書いたように,プレスリーの死(1977;42歳)はイギリスで知ったために印象深い。
 ただ,プレスリーの音楽はよく聞いていたわけではないから,さしたる感慨はなかったのに対し,ジョン・レノンのとき(1980;40歳)ははるかに強い衝撃を受けた。もちろん,殺害されたからということがあるが,ビートルズの音楽をリアルタイムで一応ずっと聞いてきていたからということが大きい。

 この3月,私の郷里・横須賀から近い三浦半島某所にある霊園に,知人の納骨のために行ったときのことである。その墓所の近くに,花が大量に飾られている墓があり,何かと思ったら X JAPAN の HIDE の墓だった。今も墓参の女性が絶えないらしい。
 山口百恵はデビュー直前まで横須賀に住んでいたが「出身」ではないのに対し,HIDE は横須賀生まれである。

|

« スカラ座1981 (2)――70/80年代の外来オペラ | Main | 「異稿・編曲」CDの本 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/45460276

Listed below are links to weblogs that reference ミュージシャン その音楽と死:

« スカラ座1981 (2)――70/80年代の外来オペラ | Main | 「異稿・編曲」CDの本 »