« 大相撲のクレッシェンド | Main | 知恩院からルーブルへ »

Jul 26, 2009

追悼 若杉弘氏

 21日に若杉弘氏が亡くなった。若杉氏は,私が見たオペラの指揮者別の回数ランキングの不動のトップで,昨年5月の新国立劇場『軍人たち』(ツィマーマン)で21回を数えていた(2位はゲルギエフの19回)。実際にはさらに,都響による演奏会形式のオペラ『スペインの時/子供と魔法』『町人貴族』『エレクトラ』があったし,同じくワグナー・シリーズ(抜粋;92-94年)を9回全部聞いている。「初演魔」若杉氏の指揮で日本初演を見たオペラとしては『ダフネ』『軍人たち』がある(『エジプトのヘレナ』『カプリッチョ』も日本初演のような気がしていたが確認できない)。
 若杉氏はまた,日本人として初めてワグナー,リヒャルト・シュトラウスのオペラ全曲上演の指揮台に立ち,初めてオペラ・ハウスのシェフ(ライン・ドイツオペラ)になった人として記憶に残るだろう。

 かつての「パソコン通信」時代の Nifty のフォーラム「オペラの部屋」では,若杉氏は多少の皮肉をこめて「企画のW氏」と呼ばれていたが,その企画力がもっともよく発揮されたのが,上記の都響のワグナー・シリーズだったと思う。通常上演される7曲(リングも1曲とする)に,『妖精』+『恋愛禁制』,『リエンツィ』を加えて全9回,各回正味120分ぐらいに抜粋したシリーズだった。
 このシリーズに限らず,若杉氏の演奏の場合は,特に女性歌手が優れていて,しかも若手はなぜかほっそりした美人が多いのが特徴だった。

|

« 大相撲のクレッシェンド | Main | 知恩院からルーブルへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/45742220

Listed below are links to weblogs that reference 追悼 若杉弘氏:

» 悼話§若杉弘さん(指揮者) [ひだまりのお話]
つい今しがた訃報に接したところである。 [Read More]

Tracked on Jul 26, 2009 at 08:50 AM

« 大相撲のクレッシェンド | Main | 知恩院からルーブルへ »