« 初来日の旅 | Main | 「本拠地」12周年 »

Aug 23, 2009

ベーレンスが日本で死去

 ソプラノのヒルデガルト・ベーレンスの訃報が新聞に載ったのは8月19日の夕刊だった。そのとき,記事の最後の方をよく見ないでいたので,日本で亡くなったというのを少し後で知って驚いて,あわてて新聞を見直した。
 ベーレンスは生で聞いたことがない。にもかかわらず一応知っている人のような感じがあるのは,カラヤンの『サロメ』のLPの印象が強烈だったためである。このLPを私は,ウィーン国立歌劇場の『サロメ』の公演(1980;→参照)の「予習」の意味もあって買ったのだが,このときオペラのカラヤンとウィーン・フィルはすごいんだなと思い,同時にベーレンスの名も刷り込まれた。
 CDの時代になってから買ったものでは,バーンスタインの『トリスタンとイゾルデ』も素晴らしかった。映像では,レヴァイン=メトの『リング』『トスカ』などに登場しているが,上記CDほどの印象はない。

|

« 初来日の旅 | Main | 「本拠地」12周年 »

Comments

 そうなんです。「客死」だったのですね。
また一人、時代を代表する方が去りましたね。

Posted by: リンデ | Aug 23, 2009 at 04:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/46003745

Listed below are links to weblogs that reference ベーレンスが日本で死去:

» 悼話§ヒルデガルト・ベーレンスさん(歌手) [ひだまりのお話]
草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルに参加するために来 日した直後に動脈りゅう破裂で死去したとのこと。あるいはロングフ ライト症候群ということだったのか。 [Read More]

Tracked on Aug 25, 2009 at 08:38 AM

« 初来日の旅 | Main | 「本拠地」12周年 »