« メトの『アイーダ』『三部作』 | Main | 昔聞いた話 »

Sep 30, 2009

三崎――まぐろと彼岸

 初めての秋の5連休は,最後の日に会食とオペラがあったが,それ以外は予定がなく,その日の気分でちょこちょこと外出した。
 そのうちの一日,三浦半島の先端の三崎へ出かけた。浅草線から京浜急行に直通する快特(京急ではいちばん速いのが快特)で,実家のある横須賀中央を過ぎ,終点の三崎口に昼過ぎに着いた。品川からわずか65分と,昔の感覚からすると驚異的ともいえる速さである。三崎港・城ヶ島行きのバスは頻発していた。渋滞で遅れて30分ぐらいで三崎港着。よく晴れて,海がまぶしい。
 さっそく昼食の場所を探して海岸に面した道を歩いたが,どこも行列ができている。しかし,表通りからちょっとはずれたところにもたくさん店があり,そのうちのひとつの蔵を改造した店に入った。中は意外と広い。2人前4000円のまぐろ尽くしのセットを食べた。まずまぐろの卵の煮物と皮の和え物で,昼間は飲まないことにしようと思っていたのだが,あまりにつまみに好適なものが出てきたので,やっぱりビールを1杯。次は,もちろん刺身,それから血合いステーキ,餃子,かま焼きと,それぞれ十分に1人前のおかずになる料理が続き,最後はお茶漬けで,満腹・満足した。Img_2833

 町には高いビルはなく,昭和がたくさん残っている。そんな小道の奥に,三浦氏一族ゆかりの海南神社があった。本殿から祭のお囃子の稽古の音が聞こえ,境内には地元の人が活発に出入りしている。人々が漁業の無事を祈った神社が,いまも地域のコミュニティの中心になっているようだ。Img_2835
 続いて,汗をかきながら石段を登り,頼朝の「桜の御所」として知られる本瑞寺へ。よく手入れされたきれいな寺だった。木陰にひっそり,朝倉文夫作のだれかの胸像があった。お彼岸なので墓参りの人が来ていて,お坊さんとあいさつをかわしている。ここも,観光資源というだけでなく地元の寺としてきちんと機能しているのだった。門前には,その名のとおりヒガンバナも咲いていたが,その中の一群は初めて見る白い花のヒガンバナだった。Img_2836
 石段の降り口からは,三崎の町の彼岸である城ヶ島と,城ヶ島大橋がすぐそこに見えた。橋の完成後まもなく,小学校の遠足で城ヶ島へ行った覚えがある。Img_2841_2

 岸壁を歩いて,バス停へ戻る。帰りはふたたびバスで三崎口へ。バスでも電車でも,心地よく昼寝ができた。

|

« メトの『アイーダ』『三部作』 | Main | 昔聞いた話 »

Comments

 ピンクのものはみたことがありますが、白い彼岸花とは。
私もはじめて見せていただきました。

Posted by: リンデ | Oct 01, 2009 at 05:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/46350579

Listed below are links to weblogs that reference 三崎――まぐろと彼岸:

« メトの『アイーダ』『三部作』 | Main | 昔聞いた話 »