« 負け投手の意味 | Main | フォト日記――神保町の10月 »

Oct 21, 2009

6週間で

 先週の加藤和彦の死には驚いたが,今週は,会社の元同僚でかつ退職(6年前)の後もオペラ友達だった女性Kさんの訃報に接して,さらに大きな衝撃を受けた。なにしろ,9月6日のスカラ座の『アイーダ』のときに会ってからたった6週間しかたっていなかったのである。
 Kさんはずっとがんと闘っていて,抗がん剤や治療の具合によって体調に波があったが,『アイーダ』のときは,元気いっぱいというほどではないにせよ,ごく普通にしていて,短時間だったが話をした。そもそも,今年のスカラ座のチケットは,オペラシリーズ会員であるKさんに会員先行予約でとってもらったものだった。
 昔は逆で,私がKさんの分も買っていた。あるとき,私が手配したチケットで,Kさんは立派な紳士と共にやってきて,私たち夫婦と4人連席でオペラを見た。Kさんがその紳士と結婚したのはそれから3か月後で,同い年の熟年婚だった。もともと美人の誉れ高いKさんの美しいウェディング・ドレス姿の写真が,社内で回覧されたりもした。Kさんはその後いつも2人でオペラにやってきた。
 遺影は,センスの良いKさんらしく,帽子をかぶってちょっと斜めを向いてほほえんでいた。

|

« 負け投手の意味 | Main | フォト日記――神保町の10月 »

Comments

 なんだか故人の数を数えるようになりました。
心からご冥福をお祈りいたします。
大事な方をなくされて、お力落としないように。
お体にも気をつけてくださいね。

Posted by: リンデ | Oct 22, 2009 at 09:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/46548910

Listed below are links to weblogs that reference 6週間で:

« 負け投手の意味 | Main | フォト日記――神保町の10月 »