« 水上の『ヴォツェック』 | Main | フォト日記――神保町の11月 »

Nov 25, 2009

大相撲10日目――李と魁皇

 前に,呼び出しが四股名を呼びにくい力士として「安馬」(日馬富士の旧名)と「阿覧」を挙げた(→参照)ところ,もっと短くて呼び出しにくいのは幕下の「」ですよ,というコメントが寄せられた。ところが,今場所になって,李はその後どうしているかなと思って大相撲のサイトの「大相撲名鑑」のページを見たが,五十音順の一覧に見あたらない。あれ,引退してしまったのかなと思ってあわてて「改名力士」の項を見たら,今場所から「栃乃若」に改名したのだった。
 引退どころか,先場所5勝2敗と好調でちょうど幕下の真ん中あたりまで番付を上げ,今場所は10日目までで5勝0敗と優勝争いをしている。

 魁皇は,10日目に幕内通算勝利数を 805とし,歴代単独2位になった。あと2勝で1位に並ぶ。一方で今年の魁皇は,これまで5場所すべて8勝7敗で,1年全場所で8勝7敗という珍記録達成かと取り沙汰されている。
 今場所は後半5連勝して7勝3敗なので,あと2勝で珍記録は「阻止」できるし,同時に通算勝利1位になる。しかし,あと5日で2横綱を含む相手から2勝以上挙げられるかどうかは微妙である。

[千秋楽を終えてからの追記] 栃乃若は好調を維持し,6勝1敗だった。魁皇は結局11日目から4連敗したあと千秋楽で勝って,1年全6場所で8勝7敗という記録を作った。

|

« 水上の『ヴォツェック』 | Main | フォト日記――神保町の11月 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/46854204

Listed below are links to weblogs that reference 大相撲10日目――李と魁皇:

« 水上の『ヴォツェック』 | Main | フォト日記――神保町の11月 »