« 「壁」崩壊20周年の日に | Main | ランチョン100周年 »

Nov 14, 2009

森繁――日曜名作座とテヴィエ

 11月10日,森繁久彌氏が亡くなった。11日の新聞の1面には,某容疑者逮捕の記事と並んで訃報が載っていた。
 森繁のいちばん最初の記憶は,NHKラジオの「日曜名作座」での加藤道子とのコンビによる朗読である。子供のころのことで内容はわかるはずもなく,子守唄のようにときどき聞くだけだったが,ヨナ抜き音階のテーマ音楽(古関裕而)と共に,森繁の語り口は耳に残っている。(「日曜名作座」は,同じコンビにより,なんと2002年まで制作されていたという。)映画はあまり記憶がないが,「七人の孫」などのテレビドラマはときどき見た。
 実演に接したのはただ1回,帝劇の『屋根の上のヴァイオリン弾き』で,80年代前半だったから,70歳ぐらいだったことになる。やや演歌調の歌い回しで,昔気質の頑固で照れ屋のテヴィエにふさわしかった。このときラザール役を歌っていた上条恒彦が,少し後にテヴィエ役を継ぐことになる。

|

« 「壁」崩壊20周年の日に | Main | ランチョン100周年 »

Comments

 私も「屋根の上のヴァイオリン弾き」は観たかったです。ご冥福をお祈りします。

Posted by: リンデ | Nov 16, 2009 at 11:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/46759454

Listed below are links to weblogs that reference 森繁――日曜名作座とテヴィエ:

» 悼話§森繁久彌さん(役者) [ひだまりのお話]
東宝の特撮怪獣映画と併映されていた作品に『社長シリーズ』なるも のがあって、その社長を演じていたのが森繁久彌だった。それが最初 の出会い。 [Read More]

Tracked on Nov 14, 2009 at 03:44 PM

« 「壁」崩壊20周年の日に | Main | ランチョン100周年 »