« メト・ライブビューイングの『トゥーランドット』 | Main | フォト日記――神保町の1月 »

Jan 23, 2010

15分が2時間,40分が1日――捕物帖の歩き方

 7,8年前には池波正太郎の「三大シリーズ」を読み,今は平岩弓枝の「御宿かわせみ」シリーズを読んでいるが,江戸を舞台にしたこうした捕物帖を読んでいると,移動手段が徒歩しかない時代の距離感がなんとなくわかってくる。(乗り物としては駕籠があるが,これも速度としては徒歩と大きく違うわけではない。)
 地下鉄の1駅間は1km弱ぐらいだから徒歩なら10分,これぐらいだと現代人でも普通に歩くくらいで,捕物帖ではほんのご近所である。日本橋から大門だと駅4つで徒歩40分,このぐらいが「ひとっ走り」という感じになる。
 日本橋から東海道の最初の宿場・品川までは9kmあまりで徒歩2時間,昔は東海道の旅に出る人を品川まで見送りに行くのが普通だったという。山手線の速度と比較すると,山手線で15分が徒歩2時間と「換算」できる。
 横浜までだと約30kmだから徒歩6時間,もはや日帰りは不可能である。日本橋を出て最初に泊まるのは保土ヶ谷か戸塚ということが多かったというから,東海道線や中央線快速の速さで40~50分かかる所までが徒歩で1日の行程となる。例えば,「御宿かわせみ」の中の「成田詣での旅」では,成田まで街道沿いで70kmほどを,最初舟で行徳へ行き,途中船橋で泊まるという設定になっている。

|

« メト・ライブビューイングの『トゥーランドット』 | Main | フォト日記――神保町の1月 »

Comments

 御宿かわせみ、は私も大好きで、全巻読んで
います。新・御宿かわせみ(舞台は子供たちの
世代へ)もはじまっていますが、なかなか
つらい事件による世代交代になっています。

 新刊が楽しみなのは、この本ぐらいになって
しまいました。(特撮は別(^^;)

Posted by: リンデ | Jan 26, 2010 at 07:39 PM

いま実は「旧シリーズ」があと1冊半というところに来ています。(最終巻の34が9月に文庫になりました。)読み終わってしまうのが寂しい…

Posted by: 家主IZK | Jan 28, 2010 at 06:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/47367683

Listed below are links to weblogs that reference 15分が2時間,40分が1日――捕物帖の歩き方:

« メト・ライブビューイングの『トゥーランドット』 | Main | フォト日記――神保町の1月 »