« 年年歳歳花相似――ブログ6周年 | Main | 仮住まいを脱出 »

Mar 16, 2010

横須賀線の武蔵小杉駅が開業

 横須賀線の武蔵小杉駅が3月13日に開業し,成田エクスプレスを含む全列車が停車するようになった(→参照)。横須賀線の新駅の開業は,東海道線と分離して新ルートを通るようになった1980年に新川崎,東戸塚,次いで1986年に西大井駅の開業して以来のことになる。西大井駅の後,横須賀線にさらに新駅ができるとは,少し前まで予想していなかった。(ちなみに,新川崎,東戸塚の次に「新しい」駅は,東逗子(1952年開業)である。)
 開業の翌日に湘南新宿ラインに乗る用事があり,降りる時間はなかったが,武蔵小杉駅停車を初体験した。南武線・東横線との間には暫定連絡通路ができたという。通路ができてもホームまでの距離は変わらず300メートル以上あり,乗り換えにはそれなりの時間がかかるのだろうが,南武線沿線と横浜・鎌倉などの間の行き来はかなり便利になった。
 神保町からも,新川崎・鎌倉などへ行くのに,三田線の目黒線直通日吉行きに乗って武蔵小杉乗り換えというバイパスルートができた。

 この後,今年から来年にかけて,鉄道の“大型”開業がいくつかある。まず,京成の成田空港線(愛称は成田スカイアクセス)の開業が,7月17日と発表された。京成上野―成田空港は最速36分になるという。JRは先制攻撃として,今回のダイヤ改正で成田エクスプレスを増発した。
 さらに,東北新幹線の八戸―新青森は12月,九州新幹線の博多―新八代は来年3月の開業が予定されている。


|

« 年年歳歳花相似――ブログ6周年 | Main | 仮住まいを脱出 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/47828325

Listed below are links to weblogs that reference 横須賀線の武蔵小杉駅が開業:

« 年年歳歳花相似――ブログ6周年 | Main | 仮住まいを脱出 »