« 名付けの体系 | Main | 新国立劇場『神々の黄昏』その2 »

Apr 14, 2010

神保町雑話

◇二段論法
 古人曰く――うちから富士山が見える。故に,富士山からうちが見えるはずだ。

◇歴史をひもとく
 コリーン・マクダネル,バーンハード・ラング 著,大熊昭信 訳『天国の歴史』という本がある。その第1章には,「天国は紀元前2360年に創設された」と書いてある。(←ウソです。)

◇メニュー
 神田錦町1丁目の居酒屋Chの名物メニューは,ホタテ貝とチンゲンサイを炒めたものである。なかなかおいしい一品だが,頼みにくくするためか,「チンタテ炒め」と名付けられている。(←ホントです。)

|

« 名付けの体系 | Main | 新国立劇場『神々の黄昏』その2 »

Comments

 「チンタテ炒め」これはまた(笑)

Posted by: リンデ | Apr 15, 2010 at 12:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/48084129

Listed below are links to weblogs that reference 神保町雑話:

« 名付けの体系 | Main | 新国立劇場『神々の黄昏』その2 »