« 新国立劇場『神々の黄昏』その2 | Main | 博報堂旧本社近況 »

Apr 28, 2010

『知的生産の技術』とかなタイプ

 梅棹忠夫『知的生産の技術』(岩波新書)が世の中,特に何らかの文章を書く人に与えた影響は大きかった。内容は,もともと,岩波書店の雑誌『図書』に連載されていたもので,思いつきのメモをとることから文章にまとめるまでの技術を具体的に説いたものである。
 その重要なテーマのひとつは,フィールドワーカーとしての経験に基づくカードの使い方だった。学生だった私はたいした「知的生産」はしていなかったけれど,カードに書いて情報(当時は「文字」「メモ」としか意識していなかった)を小さな量の単位に分け,ある点で共通するものを取り出したり並べ替えたりするという方法は,少なくとも発想としては大いに影響を受けた。
 ずっと後にパソコンを使い始めて,読んだ本や見たオペラの記録をデータにしたが,そういう「データベース志向」は,『知的生産の技術』によって方向付けられたように思う。

 もうひとつ,この本にもっと具体的な影響を受けて一時使ったのは「かなタイプ」である。ワープロなど考えもつかなかった時代で,英文だったらタイプライターできれいな文書を作れるのに日本語では…という思いはだれにもあった。
 この本がきっかけになって,70年代半ばまでに,ひらがなのタイプライターが何種類か発売され,私は76年ごろになって高校の先輩からお古のかなタイプを譲り受けた。かなだけだと印刷される文章の原稿には使えないので,用途は私的な手紙が主であり,出演する演奏会のチラシを同封した手紙をよく書いた。タイプはカーボン紙で複写が取れるので,当時,後の同居人に宛てた演奏会の案内状の控えが,その後10年ぐらいたって見つかったこともあった。
 かなタイプを実際に使っていたのはほんの1年ぐらいで,その後しばらくはドアストッパーとなっていた。

[追記] 梅棹忠夫氏は,2010年7月3日死去,享年90歳。

|

« 新国立劇場『神々の黄昏』その2 | Main | 博報堂旧本社近況 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23118/48209263

Listed below are links to weblogs that reference 『知的生産の技術』とかなタイプ:

« 新国立劇場『神々の黄昏』その2 | Main | 博報堂旧本社近況 »